Home » 不倫克復記 (page 4)

不倫克復記

2004年8月から2006年12月までの約2年4ヶ月、妻の不倫問題と戦い、苦しい経験をした記録です。

妻の冷めた態度、どうしてこうなったのか。整理するために日記を付けることにした。

どうしてこうなったのか。整理するために日記を付けることにした。

第二部 <本当に不倫なのか?>(9)- 2004年11月 人肌が恋しい。 当然セックスレスも続いている。 31歳の男にとって、禁欲の日々というのは耐えられない。 情けない。 情けない。 情けない。 情けないことなのだが、近くにいるのに届かない妻桜子への想いが辛くて、妻との行為を妄想した。 何故こうな …

続きを読む

なんにもない、悲し過ぎる4年目の結婚記念日。

何事もない悲し過ぎる結婚記念日。

第二部 <本当に不倫なのか?>(8)- 2004年11月 明日は結婚記念日だ。 4度目の。 去年までは楽しかった。 いや、つい3ヶ月前まではラブラブだった。 何故こんな状況になったしまったのか。 結婚記念日が明日だ、と言う事は当然桜子も知っているはずだ。 だけどお互い何も言わない。言えるはずがない。 …

続きを読む

夫婦再構築を願い、妻への愛情を欠かさない。結婚式二次会のBGM選曲と、パソコンのプレゼント

再構築を願っての妻への愛情。パソコンをプレゼントする。

第二部 <本当に不倫なのか?>(7)- 2004年10月 妻の無関心・無表情な態度に、イライラさせられる事もある。 だけど怒りに任せてしまえば、小さな夫婦の灯火が消えてしまう。 とにかく優しさが必要。 まずは居心地のよい家でないといけない。 打っても響かない妻ではあったが、その氷を少しづつでも溶かし …

続きを読む

不倫の証拠探し。プロの探偵に依頼するか、それとも自分で探すか。

第二部 <本当に不倫なのか?>(6)- 2004年9月 妻が不倫をしているかもしれない。 でも、その確証はどうやって得るか? その前に、僕は妻との関係修復を望んでいる。 なので強引な事はできないし、しない。 となれば、隠密に証拠をつかむしか無い。 1. プロの探偵に調査を依頼する 2. 自分でなんと …

続きを読む

心の支えになってくれた会社の同僚。

心の支えになってくれた会社の同僚

第二部 <本当に不倫なのか?>(5)- 2004年9月 心の支えといえば、会社の同僚には大変助けられた。 今起きている夫婦問題は他人に言える事ではないし、一人悶々と抱えていたのですが、ある時、会社の同僚が「実はオレ、最近嫁と不仲で……」なんて話してくれました。どうやら彼の専業主婦の奥さんの態度が冷た …

続きを読む

僕の決心。妻はきっと不倫をしている。

僕の決心。

第二部 <本当に不倫なのか?>(4)- 2004年9月 『妻は不倫をしている』。 その程度はわからないが、心の中では妻の不倫を確信していました。 妻に問いつめても「不倫はしていない」という。 それはきっと、「僕との関係は壊したくない」「離婚になって欲しくない」と、心のどこかでは願っているからだろう。 …

続きを読む

疑心暗鬼。まさか妻は不倫をしているのか? 初めて携帯電話を覗き見ました

疑心暗鬼。まさか妻は不倫をしているのか?

第一部 <まさか妻が不倫…なのか?>(3)- 2004年9月 疑心暗鬼。 腑に落ちない話し合いが連日続き、自分自身、そして二人を客観的に見る余裕が失われつつありました。 僕が出勤で、妻の桜子は休日。そんなある日のこと。 桜子は朝から「今日は親しい友人(女性)と遊びに行く」と言っていました …

続きを読む

妻から離婚の申し出、理由は「冷めた」のみ。……倦怠期じゃないよな

体験日記 第一部

第一部 <謎の異変「体調不良」>(2)- 2004年9月 無気力な妻に元気になってもらおうと努力しても、一向に以前のような明るい笑顔は見れず。「友達と会う」と言って出かけた時は、逆に生き生きと帰って来る。 なぜ? ただただ、心配の日々が続きました。 しかし、桜子の『行動』と、桜子が言う『体調不良』。 …

続きを読む

結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

体験日記 第一部

第一部 <謎の異変「体調不良」>(1)- 2004年7月 「子供が出来たら愛情が子供に行くから寂しいね。しばらくは、2人で楽しく過ごそ」。 妻の桜子からそんな言葉が出て来るほど、僕たちはいわゆるバカップルな仲良し夫婦。 僕たち夫婦は比較的若くして結婚しました。結婚当時の年齢は、私・夫は20代半ば、妻 …

続きを読む