Home » コラム » 熟年離婚の危機を乗り切ろう! 映画「31年目の夫婦げんか」から夫婦の絆を取り戻す。

熟年離婚の危機を乗り切ろう! 映画「31年目の夫婦げんか」から夫婦の絆を取り戻す。

31年目の夫婦げんか

“いつのまにか寝室は別、夫の唯一の趣味はゴルフ番組、毎日の日課も夫婦の会話も365日ほぼ同じ。争いもない代わりに、喜びもない──そんな結婚31年目。ある日、妻は自分の心に問いかけた。「死ぬまで、この生活の繰り返しで、私は幸せ?」
夫婦の絆を見つめ直したいと思い立った妻と、変化を恐れるガンコで保守的な夫。互いの残りの人生をかけた、真剣だけれどユーモアいっぱいの“31年目の夫婦げんか”が始まった──!”

監督:デヴィッド・フランケル
脚本:ヴァネッサ・テイラー
出演:メリル・ストリープ、トミー・リー・ジョーンズ、スティーヴ・カレル
公開:2013年7月26日

映画「31年目の夫婦げんか」公式サイト イントロダクションより

この夏、興味深い映画が公開されます。

日本でも熟年夫婦による離婚が増えて来ていると、テレビや雑誌などで報道されていますが、どうやらアメリカでも同じような問題を抱えているようです。長年夫に尽くして来た妻が、定年を向かえた夫を前に、「私の人生って一体何なの?」って。

男からしれみれば、青天の霹靂ではあると思うのですが、女性にしてみれば長年の鬱積といったところなのでしょうか。

ただ、日本とアメリカの違いはセラピーが日常に浸透していると言うこと。本作品「31年目の夫婦げんか」では、妻が読んだカウンセリングの本の著者である医師へ “カップル集中カウンセリング” を申し込んだところから、夫婦問題への取り組みが始まるようです。

日本では、精神科や心療内科、またセラピストへの相談などへは暗いイメージがあります。ましてや、60代以上の中高年となれば、なおさらではないでしょうか。

そんな意味も込めて、ぜひ日本でこそ為になる映画になりそうではありませんか。

まだ公開前ですので、詳しいストーリーはわかりませんが、早く見てみたい映画のひとつです。夫婦の絆を取り戻す切っ掛けになれば!

夫婦ゲンカで男はなぜ黙るのか
タラ・パーカー=ポープ
NHK出版
売り上げランキング: 270,513

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール