Home » コラム » 60代からの不倫相談に、漫画家柴門ふみが喝!「妻と離婚すべきか、彼女と別れるべきか」
60代からの不倫相談に、漫画家柴門ふみが喝!「妻と離婚すべきか、彼女と別れるべきか」

60代からの不倫相談に、漫画家柴門ふみが喝!「妻と離婚すべきか、彼女と別れるべきか」

なかなか痛快な、不倫相談の記事を見かけました。

<相談者>

  • 60代男性
  • 既婚
  • 妻も、孫もいる
  • 毎朝、家の外で1時間ほど不倫相手に電話
  • ふたりきりの不倫旅行は、8回ほど経験あり
  • 妻と離婚して、不倫相手と一緒になりたい
<不倫相手>

  • 61歳女性
  • 独身
  • 過去に一度も結婚の経験はなし
  • 奥さんを不幸にしてまで、一緒になりたくはない

この状況において、質問者である既婚男性は、このように質問しています。

離婚を切り出すべきか、
それとも彼女との関係を清算すべきか

なんて幼稚な! ストーカーにもなりかねませんよ。

この質問に対し、「P.S. 元気です、俊平」「東京ラブストーリー」などの代表作をもつ、回答者である漫画家の柴門ふみさんは、このように答えました。

61歳の彼女は今まで1人で生きてきて、「誰かを深く傷つけたなら、その見返りは必ず自分の身に降りかかる」ということを、おそらく経験値で知っているのです。聡明な女性ですね。

一方、あなたは「家族と離れても美人の彼女と一緒にいたい」と考えている。彼女に比べてなんと幼稚なことでしょう。しかも、彼女が電話に出てくれないとそれだけでいらだっているご様子。このまま気持ちがエスカレートするとストーカーになりまねません

60代の質問者に対して「なんと幼稚な!」と、一刀両断。なんとも気持ちのいい質問記事でした。

不倫者は悲劇のヒロイン。大抵痛い人になっています。

僕自身、妻の不倫を経験し、不倫をしている者は頭の中がお花畑といいますか、自分自身を悲劇のヒロインだと思い込んでいる、ということがわかりました。

なぜ不倫の事実がほぼバレているにも関わらず、なぜクリスマスイブに「残業で深夜になる」とメールをしてくるのか? 大晦日や正月に「ちょっと友達と……」と出かけようとするのか? 不倫相手と密会しようとしているのがバレバレです。

そして、その当時のメールを盗み見ると、不倫相手に束縛されていることの嘆きを語り合っています。

バカ……なんですよね。
既婚者の不倫って。

それは割と20代とか30代とか若い人に多いのかと思っていたのですが、60代にもなって悲劇のヒロインになるとは思っていませんでした。

この相談記事を読んで、「不倫すると本当にバカになるんだな」と再認識させられました。柴門ふみさんの清々しいまでの回答、とても素晴らしいですね。

余談。柴門ふみさんは、夫に不倫されているという噂。

ところで、漫画家柴門ふみさんの夫は、「島耕作」シリーズの作者、弘兼憲史氏です。この夫である。弘兼氏は、不倫をしていると噂されています。

妻の柴門ふみさんに不倫の事実がバレ、「俺はモテるから仕方がない」「お前は妻なのだから、堂々としていれば良いじゃないか」と開き直ったと言われています。このエピソードを知りたい方は、「弘兼憲史 不倫」などで検索してみてください。

そんなパートナーの不倫に苦しめられた経験がある柴門ふみさんですので、不倫問題に関しては的確な意見が言えるのでしょう。安手の不倫記事より、はるかに重みを感じます。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール