不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ
「不倫しているの?」と質問

「不倫してるの?」 正直に認めないと、妻・夫は許す機会すら失ってしまう

不倫をしている夫、不倫をされている妻。

いわゆるシタ夫・サレ妻をテーマにした映画「先生、私の隣に座っていただけませんか?」を、Amazonプライムビデオで観ました。

不倫をされた経験がある僕としては、「そんなシーンはあり得ない!」と思える場面が続き、展開としてはリアリティーに欠ける作品でした。ただ、不倫をテーマにしたファンタジーだとして観れば、それなりに面白かったです。

サレ妻・シタ夫の嫉妬を交えた攻防戦です。

一度だけ夫に聞きました 「不倫してるの?」って

「不倫してるの?」と妻が夫に質問

さて、そんな作品の中で、ハッとさせられるシーンがありました。

夫の不倫を確信した、妻の心の叫びです。

私、一度だけ夫に聞きました。「不倫してるの?」って。でも、認めてくれませんでした。あのとき、もし仮に認めてくれてたら、夫のこと許せてたかもしれなかったのに。でも、許す機会すら与えてくれなかったのです。

夫が不倫をしている……。

そう気づいたとき、妻はこれまでの夫婦関係や自分自身を否定されたような、とてつもないショックを受けます。最初は「何かの間違いだ」「勘違いかもしれない」など、それを否定します。しかし、徐々にそれが現実であると受け入れざるを得なくなるのです。

そんな苦しい想いを経て、不倫をされた人は口にします。

不倫しているの?

って。

私ごとですが、僕も妻が突然無気力になり心配の日々を重ねたことがあります。しかし後に「妻が不倫をしているかもしれない」と気づくようになるのです。そして僕は「不倫していないか?」と妻に訊ねます。妻は「違う」と、はっきり返答しました

そのとき、妻が「ごめん」と正直に話してくれていたら、また違った人生になっていたと思います。

「不倫をしていると正直に答えてはいけない。妻(夫)が傷つくから」は大間違い!

不倫をしている人は、「妻や夫から『不倫してるのか?』と聞かれても、絶対に認めてはいけないと」と、よく言っています。

なぜなら、真実を知れば相手(妻・夫)が傷つくから。だから、不倫をしたことは墓場まで持っていかないといけないんだ……と。

 

アホか。

こんな身勝手は解釈はあり得ません。妻・夫のことを心配している風ですが、夫婦関係をぶち壊しているのは自分自身です。自分の家庭が崩壊したり、社会的地位が失墜することを恐れた保身でしかありません。不倫をする者は加害者です。

真実を知れば相手が傷つくという発想は、究極の自己中と言えるでしょう。

謝罪、再構築、離婚。すべては嘘をやめ、真実を認めることから

不倫は、悪意をもって夫婦関係を壊す行為です。

一度踏み入れたら、元の夫婦関係には戻れません。

不倫をしている者は、嘘に嘘を重ねないといけません。不倫をされた側は、相手の様子が変わったことに心を悩ませ続けることになります。

つまり、お互いが信じ合える朗らかな関係は、もう戻ってこないのです。

ひび割れた茶碗を使っていると、口や指を怪我したり、いつかバラバラに壊れてしまいます。傷を認め、ひび割れを修復するか、新しく買い直さないといけません。夫婦関係もそれと同じです。

■関連記事
夫婦の再構築とは? 不倫を完全に終わらせたのち、夫婦関係を再び築き直すこと

 

不倫しているの?

 

この質問は、不倫をされた側にとっても、不倫をした側にとっても、人生の転換期となる非常に重い言葉なのです。

関連リンク

不倫経験者は信用できない! 信頼してはいけない理由をお伝えします

不倫は麻薬と一緒。覚せい剤のように、自分ではやめられない

夫の浮気相手がブサイク。なぜ、妻よりなぜ美人じゃないのに惹かれるのか?

目線で嘘を見破る方法。「昨日何をしてたの?」で、右を向いたらウソ!

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

篠原 誠(しのはら まこと)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
探偵に取材!不倫解決の重要点は?【無料診断付き】
読む
探偵に取材!不倫解決の重要点は?【無料診断付き】
読む