ホーム » 不倫撲滅!泣き寝入りしない » 写真・動画をクラウドに保存する方法【iPhone・Android両対応】
クラウドにデータを保存

写真・動画をクラウドに保存する方法【iPhone・Android両対応】

スマートフォンの中のデータ、バックアップは取っていますか?

「私は大丈夫!」なんて過信は禁物です。些細なことでデータを一瞬にして失う恐れがあるのですから。

以下のリスク、あなたには絶対起きないと言い切れますか。

スマホのデータ紛失リスク

  • 盗難
  • 紛失
  • 落下
  • 水没
  • 自然な故障
  • 操作ミスによる消去

実はこれ、事前にちょっとした操作や設定をしておけば、こうしたリスクからデータの紛失を回避することができます!

でも、やっていなければ何も残りません……。

今回は、あなたのスマートフォンの中のデータを簡単にバックアップする方法をお伝えします。

iPhoneユーザーは「iCloud」で自動バックアップ

iPhoneを操作している手

iPhoneユーザーは、Apple公式のクラウドサービス「iCloud」を、まずは利用しましょう。

自動でiPhone内のあらゆるデータをクラウドに自動的にバックアップしてくれるので、とにかくこれを外すことはできません。

iCloud 設定の手順

  1. Wi-Fiに接続
  2. 「設定」をタップ(ギアマークのアイコン)
  3. 「ユーザー名」をタップ(画面の一番上)
  4. ページの下から自分のiPhone端末を探してタップ
  5. 「iCloudバックアップ」をタップ
  6. 「今すぐバックアップを作成」をタップ

「6」の画面で、iCloudバックアップを「オン」にしておくと、今後、自動的にバックアップしてくれるようになります。自動バックアップのタイミングは、iPhoneが電源に接続されていて。ロックされ、Wi-Fiに接続されているときです。

iCloud にバックアップする項目の選択

  1. Wi-Fiに接続
  2. 「設定」をタップ(ギアマークのアイコン)
  3. 「ユーザー名」をタップ(画面の一番上)
  4. 「iCloud」をタップ
  5. バックアップを取るアプリを選択

写真、メール、連絡帳、カレンダー、メモ、メッセージ、Safariなど、基本的なアプリはオンにしておきましょう。

iCloudの月額料金

  • 5GB:無料
  • 50GB:130円
  • 200GB:400円
  • 2TB:1,300円

5GBまでま無料ですが、すぐにいっぱいになると思います。一般的には50GBか200GBのプランで十分でしょう。

ちなみに僕は、iCloud 2TBを契約しています。MacとiPhoneで共用しているので大容量が必要だからです。スムーズに連携できて気に入っています。

Androidユーザーは「Googleドライブ」「Googleフォトライブラリ」で自動バックアップ

Android端末を操作している手

Android搭載のスマートフォンユーザーは、Google公式の「Googleドライブ」「Googleフォトライブラリ」を、まずは利用しましょう。

両者の違いは、「Googleドライブ」はあらゆるデータや設定で、「Googleフォトライブラリ」は写真や動画に特化しています。どちらも使いましょう。

Googleドライブ設定の手順

  1. 「設定」アプリをタップ
  2. 「システム」をタップ
  3. 「バックアップ」をタップ
  4. 「バックアップ サービス」をオンにする

Googleフォトライブラリ設定の手順

  1. 「Googleフォトアプリ」をタップ
  2. 「メニューアイコン」をタップします。
  3. 「設定」で「バックアップと同期」を選択
  4. 「バックアップと同期」をオンにする

Googleドライブの月額料金

  • 15GB:無料
  • 100GB:250円
  • 200GB:380円
  • 2TB:1,300円
  • 10TB:13,000円
  • 20TB:26,000円

15GBまで無料。不足であれば有料プランに移行します。一般的には100GBか200GBのプランで十分でしょう。

Googleフォトライブラリの月額料金

Google フォトは、1,600 万画素までの写真と、1080p までの動画は容量制限なく無料で保存できます(このサイズを超える写真や動画は圧縮されます)。

元の画質のままクラウド保存したい場合は、上記のGoogleドライブを契約することになります。

Dropboxへバックアップ

スマートフォンの画面に表示されているDropboxのアイコン

Dropbox(ドロップボックス)という、クラウドストレージもバックアップ場所としては優秀です。

iPhoneユーザー向けの「iCloud」、Android端末向けの「Googleドライブ」以外で、と言われば、真っ先にDropbboxをお勧めします。僕は、もう4〜5年Dropboxを愛用し続けていますが、不便に感じたことはありません。

「何ができるの?」

用途については、下記の動画を見てもらうのが手っ取り早く、わかりやすいです。

また、写真・動画については自動バックアップ機能もあります。

iPhoneからDropboxへ自動バックアップの手順

  1. Dropbox モバイル アプリを開きます
  2. 画面下部にある「Dropbox」をタップ
  3. 「カメラアップロード」をタップ
  4. 「カメラアップロード」をオンに切り替える
  5. 「アップロード」を選択

Android スマートフォンからDropboxへ自動バックアップの手順

  1. Dropbox アプリを開きます
  2. 「メニュー」ボタンを選択
  3. 「設定」をタップ
  4. 「カメラアップロード」で「カメラアップロードをオンにする」をタップ
  5. 「許可」をタップ

Dropboxの月額料金(個人プラン)

  • 2GB 無料
  • 2TB 1,200円
  • 3TB 2,000円

「iCloud」や「Googleドライブ」を利用している方も、ぜひDorpboxの無料プランに加入してください。無料スペースは小さいですが、特に大切なファイルだけを残すような感じで使うと良いでしょう。ダブルのバックアップとなり、より安心です。

ここでお得な情報。

以下のリンクからご登録頂くと「500MBのボーナス容量」が手に入ります。無料プランが「2GB」→「2.5GB」になるのでお得です!

500MBのボーナス容量を獲得する >

Evernoteへバックアップ

Evernote アイコン

バックアップの概念とはちょっと違うのですが、Evernote(エバーノート)も、ぜひ活用してください。

Evernoteは、その名の通り「ノート」。クラウド上にある「オンラインメモ帳」といったサービスです。わかりやすくメモ帳と言いましたが、実際は何でも挟めるバインダーといったツールです。

なぜ、ノートをバックアップ用途におすすめするのか?

不倫の証拠、整理整頓に最適

本サイト「妻が不倫しています」は、不倫撲滅を掲げるサイトです。

夫・妻に不倫疑惑がある場合、不倫をされた側が主導権を得るには「言い逃れできない証拠」を得ることが重要になります。なぜなら、不倫をする者は嘘に嘘を塗り重ねている上に、離婚・慰謝料請求などを恐れて不倫を必死に隠そうとするため、まともに話し合いができないからです。

そのため、日頃からコツコツとした証拠集めが肝心です。たとえば、夫・妻の行動や言動を文章に残したり、怪しいLINE履歴やレシートの写真を撮っておいたりなど。

そこでEvernoteがあれば、整理整頓に非常に役に立つのです。写真と文章を組み合わせたメモを残しておけば、あとから見返したときにわかりやすくなります。また、裁判で争うことになったときも、立証に役立てることができるでしょう。

また、Evernoteのデータは、クラウドに保存されます。つまり、外出先ではスマートフォンの専用アプリで書いて、帰宅後はPCで続きを書くこともできます。また、スマートフォンやPCが故障・紛失しても、データが消えて無くなることはありません。

Evernoteの月額料金

  • ベーシック 無料
  • プレミアム 600円
  • ビジネス 1,100円

容量的には無料のベーシックでも充分。僕も、Evernoteは毎日使っているアプリですが、数年経っても容量的に不満がなく、ずっと無料のベーシックプランのままです。

Evernoteを始めるには「App Store」「Google Play」で、Evernoteで検索してアプリをダウンロードしてください。

PC、Mac、microSDへのバックアップはお勧めしません

MacBookとiPhone

最後に、おすすめではない2つのバックアップの方法もお伝えしておきます。

まず一つ目は、スマートフォンをパソコンに接続してバックアップを取る方法です。これをおすすめしない理由は、以下の通り。

PC、Macへのバックアップは、自動ではなく手動なので面倒です。つい忘れたら、その間のデータは取り戻せまん。よほどマメな方でないと習慣化できないでしょう。

 

二つ目は、microSDカードです。Android端末にはmicroSDカードが挿入できるモデルが多くあります。ここへのバックアップもおすすめしません。理由は以下の通り。

本体を紛失したり、盗難被害になったときは、内臓されたmicroSDカードも手元から失くなってしまいます。これではバックアップとしては効果半減です。

まとめ

色々書きましたが、まず必須なのは公式のクラウドサービスです。

  • iPhone 「iCloud」
  • Android端末「Googleドライブ」「Googleフォトライブラリ」

 

そして、次のステップとして、以下をご利用ください。

  • Dropbox
  • Evernote

 

大切なデータだからこそ、しっかりとバックアップ。

今すぐ、はじめましょう。

筆者: 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール