ホーム » 不倫克復記 » 妻の不倫相手は職場の上司。既婚者で妻子持ち
妻の不倫相手は既婚者。奥さん、そして二人の子供持ち。

妻の不倫相手は職場の上司。既婚者で妻子持ち

第3章・不倫相手との話し合い(15)
2005年1月

妻の不倫が確定し、僕はまもなく妻の不倫相手と対決することとなる。一体どんな男なのか? 物語を進める前に、ここでは男について解説したい。

妻は、10歳年上の上司とW不倫

ここで妻の不倫相手について、僕の知っている限りを書いておく。

名前は、佐伯洋二。年齢は30代後半で、僕より5つほど年上だ。
妻との年齢差は10歳ほど。

僕はかつて佐伯と会った事がある。

こうなる前から、妻がこの男のことをよく話してくれていたからだ。会社の上司で、僕たち夫婦との音楽の趣味も合い、CDなども良く貸してくれた。ある日、僕は妻と近所の大きなショッピングモールに出掛けた先で、佐伯家族とバッタリ出会った。妻から「この方がいつも仕事でお世話になっている佐伯さんです」と紹介頂き、僕も「いつも良くして頂きありがとうございます」と和やかに挨拶。

佐伯は、奥さん、そしてふたりのお子さんとの4人で買い物。すごく幸せそうな家庭に見えた。

「良い上司に恵まれてるんだな」と、素直にそう感じた。

ちなみに佐伯は、一戸建てに住んでいる。
豪邸ではないが、立派な二階建ての新しい家だ。

住所は年賀状で知った。
ほんとおめでたい二人だ。不倫しあっている二人が年賀状を出し合っているのだ。

僕はその年賀状で住所を知り、正月を数日過ぎた頃、奴の家を見に行った。

庭の駐車場には国産車。
玄関先には、子供用の遊具がおいてあった。三輪車に砂遊び用のバケツやスコップ。

こんな家庭を持った奴が不倫をするのか。
奥さんや子供はどうなったっていいのか。そこまでの覚悟があってのことなのか。

その日は、家を眺めるだけに終わった。

W不倫で海外旅行を計画

数日後、重大なことが発覚した。
妻のパソコンの閲覧履歴から、どうも不倫旅行を計画していると言うことがわかった。しかも行き先は海外。

そして妻の携帯には、佐伯からこんなメールが届いていた。

台湾大丈夫か?

またしてもこいつか。
どこまで大胆不敵、人を馬鹿にするにも程がある。

10歳も年下の部下を連れての不倫旅行。こいつ的には、出張か何かかもしれない。

そしてこんなメールもあった。

全部独りで出かけるって言えば?もう明らかに疑われてるから、どんだけおかしくてもいいだろ。理由は一緒にいたくないからの一点張りで。
逆ギレで離婚言ったら、すぐおとなしくなるよ

怒りがどんどん湧き出てくる。
せめて純愛気取りならまだしも、僕を超上から目線で罵倒する言葉を妻へ次々投げつけている。

こんな大人があって良いのか!

僕よりも歳が上で、子供もいる。人生経験も豊富な、この大人が、こんな馬鹿げた脳内。

許さない! 絶対許さない!!

 

妻から、いよいよ「友達と海外旅行へ行く」と言われた。「バカにするな! 絶対に行かさない」と激怒で釘を刺した。

そして佐伯から妻へ届いたメールがこれ。

まず(台湾旅行の)写真は忘れたで済ませる。帰りはバラバラで出れば問題なし。ってか行く前に、離婚届に印ついておいて、って渡しておけば。

 

桜子の旅行は、半ば強制的に辞めさせた。
あいつは絶対に許さない。

もちろん妻も同罪だ。しかし、立場、年齢、環境的にも妻より遥かな大人が、そうしているのが許せない。これは洗脳だ。

 

(次回へ続く)→ 妻へ家事放棄を勧め、離婚するように仕向ける不倫相手。

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

筆者: 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ [クリック] このサイトについて・運営者プロフィール ◀︎