Home » 不倫克復記 » 通報→事情聴取。民事には踏み込まない警察官は、不倫され男の僕に優しかった。
通報→事情聴取。民事には踏み込まない警察官は、不倫され男の僕に優しかった。

通報→事情聴取。民事には踏み込まない警察官は、不倫され男の僕に優しかった。

第四部 <不倫相手への怒鳴り込み>(23)- 2005年2月

「何があったんだ?」。2人の警察官のうち、一人が僕に質問する。

「いや、格好悪い話なんですが。実は、うちの妻が、ここの佐伯に寝取られまして。それを辞めてもらえるようにの話し合いですわ」。

「そっか。あまり穏やかな感じはしないけど、絶対に手を出したらダメだぞ。手を出して暴力事件になったら、お巡りさんの出番になってしまうからな」。その時のお巡りさんの表情は、すごく親身で優しく感じました。考えてみれば、僕は自宅を出る前から、気持ちがずっと張りつめていたので、お巡りさんの言葉に心がほぐされたのかも知れません。

「また、お巡りさんが来ないと行けないようにはするなよ」。そう言い残してパトカーは去って行きました。

近所の人か、佐伯の奥さんが通報したんだろうか。このタイミングでのお巡りさんには、妙に癒される。

 

怒りの腰を折られた僕は、佐伯に最後にひとこと「お前は絶対に許さないからな」と伝えて、佐伯の家を後にした。

 

車に乗り込み、帰路につきながら、僕はこれからすべきことを考える。

ひとつは、この不倫を完全に終わらせる事。もして、桜子のお父さんから電話が鳴り続けていたので、妻の両親にこのことを説明する事だ。

 

(次回へ続く)→ 妻号泣!不倫を辞める念書。不倫された者の痛みとは。

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール