Home » 不倫克復記 » 妻号泣! 不倫を辞める念書。不倫された者の痛みとは。
妻号泣!不倫を辞める念書。不倫された者の痛みとは。

妻号泣! 不倫を辞める念書。不倫された者の痛みとは。

第四部 <不倫相手への怒鳴り込み>(24)- 2005年2月

帰宅すると桜子は泣いていた。
佐伯との関係がもう終わりだ、と感じたからだろう。

不倫を隠し、夫である僕を騙し続け、離婚を迫った。

妻が不倫をはじめてしまったのには、僕にも原因があるかも知れない。こうなるまではすごく夫婦仲が良かったので、まさに青天の霹靂だったが、どこかに隙があったんだろう。とにかく許せないのは、嘘をつかれ、裏切られたということだ。

不倫をされて初めてわかったのだが、不倫をされる側にはふたつの痛みがある。ひとつは、『愛するパートナーが不倫をしたという事実』。そしてもうひとつは、『信じていたパートナーに裏切られたショック』だ。不倫する側にはわからないかも知れないが、された側はダブルのダメージを受ける。

精神的には、相当な辛さだ。

不倫の事実を知らないまま離婚届にハンコをつくという事は無かっただろうが、不倫の事実がわかった今、「じゃぁ、佐伯と幸せにでもなれよ」と離婚する訳には行かない。

 

号泣する妻に、紙とペンを用意させた。

「いいか、俺がいう通りに書けよ」。今度ばかりは素直だった。

 

念書

私は、佐伯洋二との不倫をやめます。
今後、もう二度と会いません。

2005年2月○日
篠原 桜子

こんな子供じみた書面だが、一筆書くということで、桜子としてもケジメを付けて欲しかった。

書いた紙を見ながら、なんだか笑えて来た。桜子も泣きながら少し笑っていた。

 

翌日、ふたりで妻の実家へ行った。すぐ近くに住んでいるのだが、二人揃ってゆくのは久しぶりだ。

妻のご両親前に、「こんな事になってしまったのは、一家の長である僕の責任です。色々心労やご迷惑をお掛けしてすいませんでした」と、頭を下げた。

この言葉に偽りはない。妻の不倫、不貞ということだが、それを招いたのは二人の責任。桜子を妻に頂いて、幸せに出来なかった僕の責任でもあるのだ。

お母さんのすすり泣きが聞こえた。

 

(次回へ続く)→ 妻の転職。そして、携帯の解約。

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール