Home » 不倫克復記 » 妻の転職。そして、携帯の解約。
妻の転職。そして、携帯の解約。

妻の転職。そして、携帯の解約。

第四部 <不倫相手への怒鳴り込み>(25)- 2005年2月

妻は派遣会社を通じて、会社へ行っている。妻に職場を変わるように伝えた。

本来であれば、正社員である佐伯を辞めさせたいところだが、僕のチカラはそこには及ばない。

桜子は仕事はできる方なのか、職場での評判は良かったので、次の仕事先はすぐに決まった。派遣会社へは「社内不倫が原因で…」と正直に伝え、穏便に退職させてもらったようだ。送別会も行われた。もちろん佐伯は不参加だろうが。

 

また、携帯電話も変えさせた。

一端解約し、新しい番号で新規契約。メールアドレス含め、心機一転ということだ。

 

怒鳴り込みは荒治療だったが、とにかく今度こそ《排除》は出来ただろう。これが良い方法だとは思わないが、そうする他なかった。次は《再構築》への道のりだ。

夫婦仲を取り戻せるのか?離婚になるのか?正直わからない。とにかく前向きに進もう。

 

話は前後するが、桜子が携帯を買い替える前、「これで最後」と妻の携帯をみた。僕が怒鳴り込みに行った翌朝のメールだ。

大丈夫か?色々寝ずに考えたけど、今は限界。今まで言ってきたことにウソはないし、気持も変わってない。でもこれ以上このままでいると、家族を守れないかもしれない。今日のようなことがまたあれば、子供は泣くし、元々精神的不安定な母親は何するか分からない。できるだけ時間かけたほうがいいかと思ったが、アイツもいっぱいまで来てる。死ぬ気で来てる奴に今みたいな態度では本当に何も変わらないし、桜子も潰されるよ。中途半端でごめんね。

最後にもう一度言うけど、自分がどう生きて行くかの分岐点だから。しっかりがんばって。今まで色々ありがとう。オッサンなのに色々フレッシュな体験や気持になったよ。本当にガンバれよ。いつもお前のことは想ってます。愛してます。

結局、奴は『自分の家族を守る』という決断をしたようだ。不倫なんて所詮そんなもん。

 

そして、その2日後のメール。

オレのことを忘れたら変わると思ってる。別居で夫婦関係崩壊で離婚のパターンがあるのを知ってるからそれを一番恐れてる。だから実家に帰った時に取り乱した。毎日憎悪をぶつけ続けろ。気持の強いほうが勝つから。もうオレのところに怒鳴りこむ根性はないだろ。今度来たらオレはチャンスと思ってるから。考えたら考えただけ腹が立つ。いつまでもオレは桜子の味方。これ以上後退するな。がんばって。影で卑怯なメール許して。
相変わらず、つまらん男だ。『毎日憎悪をぶつけ続けろ』とは一体なんだ? 何度も思うが、本気で桜子の事を考えているアドバイスではない。

もし僕が桜子と離婚する事になったら、佐伯には罪をつぐなってもらおう。そう心に決めた。

 

それと、妻の携帯電話を見るのは、今回で最後にした。

 

(次回へ続く)→ 仮面夫婦から家庭内別居。それでも離婚できない理由。

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール