Home » 不倫克復記 » 不倫→家庭内別居→別居。一歩進むことを決意。
不倫→家庭内別居→別居。一歩進むことを決意。

不倫→家庭内別居→別居。一歩進むことを決意。

第五部 <新たな人生へ向けて>(33)- 2006年5月

僕は、3LDKのマンションに一人暮らしとなった。

夜、仕事を終えて、帰宅した部屋は暗い。
玄関のクツはまばらで、僕の分だけが並ぶ。ガランとした冷ややかな空間。

自分の都合で出て行くのだから、辛うじて家財道具は残してもらった。洋服、靴、化粧品、本やCD…、ひとりぶんがごっそり抜けた部屋からは、寂しさが伝わって来る。これが現実。受け止めるのに、しばらくの時間を要した。

とにかく今日からは別居生活。
新たな一歩を踏み出す最初の日だ。

これまで徹底的な不倫排除に翻弄し、根気よく、少しづつ、妻の目が覚めるのを待ち、再構築の可能性にかけてきた。

このままでは、99%離婚する事になるだろう。だが、まだ1%の想いに惹かれている。少し前まで精神崩壊寸前まで狂っていたのだ。気持ちのスイッチは、焦らなくても良いだろう。

 

さて、そんな最中だが、職場でまた新たな辞令を受けた。
5ヶ月前に異動になったばかりなのに、また配置換えだ。今回は会社の経営方針によるもので、僕が失態を犯した訳ではない。

もう見飽きたよ…と思いながら、壁に貼られた自分の名前が書かれた紙を眺めた。

さらなる異動により、仕事内容はこれまでよりハードになる。勤務時間の基本が12時間。通勤時間や、仕事前後の時間を考えると、起きている時間は仕事のみといった生活スタイルになる。サラリーマンは基本的に辞令には逆らえない。哀れな存在だ。

 

公私ともに、新たな環境がはじまった。

ずぶずぶと底なし沼にはまって行く気分だ。

俺はどこまで落ちて行くんだ。

失ってばかりだ。

自分の希望なんて、何一つ叶わない。

もう駄目なのか…。

 

いや、絶対に活路を見いださなくては行けない。このまま落ちぶれる訳には行かないんだ。なんとか好天のチャンスを模索した。

まだまだもがき続けるしか、僕に残された道はない。

 

(次回へ続く)→ 不倫問題終結を決意。佐伯への慰謝料請求。不貞の証拠はこれで良いのか?
 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール