街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のベテランにガチ取材しました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のベテランにガチ取材しました
不倫問題終結を決意。佐伯への慰謝料請求。不貞の証拠はこれで良いのか?

慰謝料請求を決意。不貞行為の証拠はこれで良いのか?

第6章・新たな人生へ向けて(34)
2006年7月

妻が、最初に原因不明の体調不良になってから、ちょうど2年が経った。

妻の不倫相手への慰謝料請求、そのやり方や必要な証拠

新しいものを得たければ、古いものを捨てねばならない。
満タンに入ったバケツには、もう新しい水は注げないのだ。

不倫問題に決着を付ける事を心に決めた。

長かった。

夫婦の再構築に、誠心誠意を掛けてきた。もう諦めるのか?
後悔はない。精一杯やって来たからだ。
重くなり続けるバケツを、このまま持ち続けるのは限界。

バケツをきつく握りしめた手は、震えてなかなか開かない。
ゆっくり、ゆっくり、下に降ろし、そっと手を開いて行く……。

 

まずは佐伯への慰謝料請求からだ。

僕にとって、こんな経験は当然未経験。
僕が佐伯に連絡をとり「慰謝料を払え!」と言うのは、どうも違う気がする。
これこそ裁判沙汰なのだろうか。

ネットで「離婚」「慰謝料」などと検索した。
参考になるサイトはいくつも見つかる。法律事務所、探偵、離婚を経験した個人の方のブログなど。

なるほど。大枠は理解できた。
まず必要なのは「不倫が事実である」と言うことが証明できる証拠だ。ここでいう不倫とは不貞行為の事。要は肉体関係があったことを証明するもの。

そんなものは無い……。

テレビドラマなどでは、探偵がホテルから出て来るふたりの写真を撮ったりしているが、まぁそういう決定的なものが居るらしい。自分の手元にある、めぼしいものはザッと以下のとおりだ。

  • 妻が書いた不倫を辞めますと書いた「念書」(形式どおりではない簡易的なもの)
  • 佐伯と初めて話し合った時のボイスレコーダー(「妻との不倫を辞めて欲しい」とお願いしている)
  • 妻の携帯電話を盗み見た時に撮影した、何枚かのデジカメ写真
  • 僕がつけている日記(メモ書き)
  • 離婚調停があり、不調に終わったという事実

まぁ、明らかに不倫していることは伝わるだろうが、決定的な不貞の証明にはならないのかも知れない。ただ、証拠が必要になるのは裁判沙汰になった場合のみ。当事者同士で解決出来る場合は、証拠が必要という訳ではない。

とにかくサポートしてくれる専門家を探そう。
探偵は、今となっては不要だ。今必要なのは、佐伯へ交渉してくれる人物だ。

親身になってくれる人物を探したい。
ネットで検索を続けた。

 

(次回へ続く)→ 不倫相手への慰謝料請求。頼りになる行政書士先生。

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。
街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/
【無料診断付】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/