Home » 話題の事件・記事 » 明石市が離婚届に待った!日本で初めて離婚前講座を導入。目的は子ども達を守るため。
明石市が離婚届に待った!日本で初めて離婚前講座を導入。目的は子ども達を守るため。

明石市が離婚届に待った!日本で初めて離婚前講座を導入。目的は子ども達を守るため。

離婚する父母の対立が子どもに心理的・経済的な悪影響を与えないよう、兵庫県明石市は年度内にも、子どもとの面会交流や養育費分担を促すための離婚前講座を試行的に導入する。

離婚前講座:子どもを守るために…明石市が日本初導入へ:毎日新聞より

子どもがいる夫婦が離婚をする際、兵庫県の明石市では行政が「ちょっと待った!」と、両親と子どもに対して指導を行うことにしたそうです。

両親に対しては、ディスカッション、ロールプレイ、教材用DVDなどで「離婚による子への影響」を学習してもらい、子どもに対しては「自分のせいで親が離婚するのではない」と分ってもらうとの事。

離婚は、夫妻ともに大変な心労を伴うものですが、子どもにとっては親以上に精神的なショックを受ける場合がほとんどでしょう。発展的な離婚だとしても、少しでも良い決断につながるよう行政がサポートするというのは、大変素晴らしいことだと思います。

開始時期は年度内との事で、現在明石市のホームページでは「離婚前講座」についての案内はまだ掲載されていません。

なぜ、明石市は離婚前講座を行うのか?

日本では、夫婦間の同意による「協議離婚」が全体の9割を占め、残りの1割が裁判などを経ての離婚となります。しかし、アメリカでは裁判をしないと離婚できないんだそうです。さらにアメリカでは、多くの州が離婚前の講座の受講を義務づけています。

そのアメリカでの講座をモデルにして、日本でも導入しようと試みたのが明石市です。導入されれば、日本で最初の行政による離婚前講座となります。

明石市、泉房穂市長が掲げるビジョン。

離婚前講座を導入する明石市の市長、泉 房穂(いずみふさほ)氏のウェブサイトを見ると、このようなビジョンが掲げられていました。

まちをつくるのは、ひと。
これからの明石のつくるのは、今の明石の子どもたち。
子どもたちに借金を残すような税金のムダ使いをやめ、
頑張る子どもたちを まち全体で応援する。
そんな明石をつくっていきたい。
それが、明石の未来につながると信じている。

繰り返し「子ども」という言葉が出てきます。子ども達のための政治が市長の悲願。離婚前講座の導入は、子ども達を守るのが最大の目的の施策なのでしょう。

最後に。

明石市のこの取り組みは、全国のモデルケースにもなるよう素晴らしい結果を残して欲しいです。

あと、このニュースをみて「結婚前講座」というのがあっても良いのかも知れないな、と思いました。日本では神社や教会で、神に誓う訳ですが、どうにも決意の効果は低いように感じます。無神論者も多い日本ですので、ここは日本が世界に先立って「結婚前講座」を導入して欲しいです。

離婚の苦悩から子どもを救い出すために―親も子どもも幸せになるためのヒント

離婚の苦悩から子どもを救い出すために―親も子どもも幸せになるためのヒント

  • 作者:丸井 妙子
  • 出版社:コスモスライブラリー
  • 発売日: 2014-08

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール