Home » 話題の事件・記事 » フランス大統領が不倫。77%が個人のことなのでOK。企業もパロディー広告!
フランス大統領が不倫。77%が個人のことなのでOK。企業もパロディー広告!

フランス大統領が不倫。77%が個人のことなのでOK。企業もパロディー広告!

フランスのオランド大統領(59歳)が、女優ジュリー・ガイエさん(39歳)と不倫をしていると、地元の週刊誌で暴露されました。大統領邸であるエリデ宮殿近くで、スクーターにのったふたりの写真が掲載されました。

日本では不倫に厳しい国。2005年、細野豪志氏は不倫をフライデーに報じられ、民主党政策調査会長代理を含む党の役職を辞任しました。1989年には、当時の総理大臣宇野宗佑氏が女性スキャンダルを機に支持が低迷し、選挙に大敗、自任を表明しました。

アメリカでは、ファーストレディーを同伴するなど、妻を愛し、家族を大切にするというのはリーダーとして当然に振る舞いとされています。

しかし、フランスではどうも様子が違うようです。

不倫は個人の問題。職務全うが大切!

フランスの有権者を対象にした調査では77%が「大統領の恋愛は彼自身の問題で、他人がとやかく言うものではない」と回答。非難する動きもない。
クリントンNG、オランドOK 「大統領の不倫」欧米の“差”:日刊ゲンダイ

大統領としての政治をしっかりやってくれていたら問題無し! ということなのでしょうか。フランスは何とも愛に肝要な国のようです。

だけど、大統領の不倫ネタでパロディー広告

1401_president_schooter_sixt

個人も問題として不倫に寛容なフランス。不倫騒動を広告ネタとしてつかう企業も続出しているようです。

■ハイヤーサービスのドライブ(Drive)
→「見られない。知られない。スモークウインドーのプライベートカー。低料金でプライバシーを確保できます」。

■レンタカー会社のシクスト(Sixt)
→「大統領、次はスクーターはお避け下さい。シクストはスモークウインドーのレンタカーもご用意しています」。

■オンライン・デートサービスのbe2
→ 事実婚のパートナーに「バレリーさん、『変える時は今』」とメッセージ。

お国が違えば、不倫に対する反応がこんなにも違うとは。日本では考えられませんね。あなたはフランス派? 日本派? アメリカ派?

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール