Home » 話題の事件・記事 » 夫婦で会わなくても耐えられる日数、夫40日・妻60日。未婚の恋人同士でも同じ結果に。
夫婦で会わなくても耐えられる日数、妻が急上昇!未婚の恋人同士でも同じ結果に。

夫婦で会わなくても耐えられる日数、夫40日・妻60日。未婚の恋人同士でも同じ結果に。

ドラマや映画では「男性に相手にされず、女性がさめざめと泣く」というシーンは良くありますが、実際のところ、現代の女性はそんなに弱くは無さそうです。むしろその逆!

夫40日、妻60日。会わなくても耐えられる日数。

アサツーディ・ケイが、全国の男女6,032人を対象にアンケートを行い、その結果、夫婦で会わなくても耐えられる日数は長期化傾向していると報告しています。2006年は、男女の平均36.6日だったのが、2011年に46.9日、2014年には50.7日と右肩上がりに伸びているのです。

特に顕著なのは妻。調査開始の2006年より妻の方が夫と会わなくても耐えられる日数が長く、夫は近年横ばいしている反面、妻は伸び続けています。

グラフ:配偶者と会わなくても耐えられる日数は

また、この調査は未婚者には「恋人と会わなくても耐えられる日数」を訊ねており、こちらは男女共に伸びているようです。

会わなくても耐えられる=居なくても同じ。

妻「夫は居てもいなくても一緒。でも、ずっと居ないっていうのも、それはそれで寂しそうなので。まぁ、2ヶ月くらいかな」。

「会わなくても耐えられる日数」というと寂しさを我慢している姿も想像できますが、実際のところ女性は、これくらいサバサバしているのでは無いでしょうか。

夫と妻の日数はおよそ倍。男性は「居ても居なくても同じ」なんて思われないように気をつける必要がありそうです。

筆者: 篠原 誠

篠原 誠

パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。
LINK:このサイトについて / プロフィール