Home » 話題の事件・記事 » 不倫・離婚問題など、夫婦の深刻な話し合い前に、糖分摂取でイライラを低減
不倫や離婚問題など夫婦の深刻な話し合い前に、糖分摂取でイライラ低減。

不倫・離婚問題など、夫婦の深刻な話し合い前に、糖分摂取でイライラを低減

アメリカ、オハイオ州立大学の心理学者が、107組の夫婦を対象に調査をおこない、「血液中の糖分量が、パートナーに対しての不快感や攻撃性と相関関係にある」と発表しました。

「自制には糖分が必要です。そして怒りは、最も制御が難しい感情です」と、オハイオ州立大学の心理学者で研究の著者、ブラッド・ブッシュマンはコメントする。

科学が実証:「夫婦げんかには糖分を」:WIRED

「空腹」+「怒り」は最悪の組み合わせ!

アメリカでは、angry(怒り)とhungry(空腹な)を掛け合わせた『hangry』というスラングがあるのだそうです。その言葉が示すように、とにかく最悪なのが空腹時の怒り。

夫婦問題を話し合う際は、絶対にお腹が空いていない状態で望む方が良さそうです。食事をはじめる前に切り出すのではなく、食事が済んでからの方が良い、ということです。

さらにいえば血中の糖分が高い時は、不快感や攻撃性も低くなるとのことなので、食後、さらに食後のデザート後が最も冷静に話せるベストタイミングだと言えます。

外出先では、カフェでスイーツ。

特に男性の場合、言いにくい話をする際は、酒に頼る人も多いと思います。しかしながら、アルコールは怒りを増長してしまう作用があります。酒が入った席で、夫婦の深刻な話し合いは裂けた方が良いでしょう。

もし、話し合いが外出先であれば、カフェが良いでしょう。スイーツで怒りを沈め、さらに場の雰囲気的で大喧嘩に発展しずらいので気持ちが抑制される。

不倫や離婚が絡む夫婦問題は、簡単には収拾つかないと思いますが、場を選ぶ事で、少しでも穏やかに可能性が高まるので、その辺りも意識しておくと良さそうです。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール