Check!
ホーム » 話題の事件・記事 » 不倫の尾行・張り込みを自分でするリスク。ラブホテルの駐車場で大惨事に!
不倫中の妻をラブホテルの駐車場で待機!サレ側同士LINEで情報共有。まさかの惨事に。

不倫の尾行・張り込みを自分でするリスク。ラブホテルの駐車場で大惨事に!

マコト

妻の浮気現場を押さえるため、夫であるあなたは、ホテルの駐車場で張り込みできますか? また、朝方ラブホテルから出てきた、妻と不倫相手の男。二人を目の前にして、冷静な対処ができますか?

不倫(不貞行為)の証拠を自力で取る際、大きな落とし穴ががあります。それは「怒りで自分が抑えられなくなる」ということです。

今回は、張り込み・尾行のリスクについてお伝えします。

ラブホテルの駐車場で張り込み、怒りが抑えられず不倫相手に暴行

本来被害者であるはずの夫が、妻の不倫相手に重症を負わせてしまった。そんな不倫に絡む、殺人未遂事件がおきました。

ラブホテルの駐車場で妻と男性を包丁で切り付け重軽傷を負わせたとして、大阪府警は25日、豊中市の内装工、M(名前は伏せます)容疑者(45)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。「不倫が頭にきたのでやった」と容疑を認めている。

豊中南署によると、M容疑者は25日午前10時15分ごろ、豊中市名神口3丁目のホテル駐車場で、中から出てきた妻(44)と建設業の男性(44)を包丁で切り付けた疑いがある。男性は背中などを刺され重傷。妻は手に軽傷。約15分後、約400メートル離れた路上で署員がM容疑者を発見した。

M容疑者は、「2人が不倫していてホテルにいる」と教えてくれた男性の妻と駐車場で待機。出てきた2人と口論になった。妻同士が知り合いという。

「不倫頭にきた」ラブホテル駐車場で妻ら切り付け容疑
毎日新聞(2013年10月)

 

ニュース記事を元に時系列にまとめると、以下のとおりになります。

夫・M容疑者(45歳)
妻(44歳)
妻の不倫相手(44歳)

  1. 妻が不倫中との連絡を受け、ラブホテルの駐車場で待機
  2. 午前10時15分頃、妻と不倫相手の男がラブホテルから出て来た!
  3. 口論
  4. 夫は、妻の不倫相手を切り付け重傷。妻は軽傷
  5. 15分後、逮捕

 

夫は自制できず、行き過ぎてしまいました。

本来被害者であるはずの夫が、怒りに身を任せてしまったが為に加害者になってしまったのです。

マコト

不倫中の妻がラブホテルから出てくるのを待つなんて、想像を絶する辛い精神状態だったのでしょう。

不倫された者同士、サレ夫・サレ妻が協力しあっていた

同じ事件を報道する別の記事によると、不倫された者同士が協力し合っていたことがわかりました。つまり、サレ夫・サレ妻同士が連絡を取り合い、情報交換していたのです。

これが、不幸を招いていしまいました。

豊中南署によると男は、刺された男性の妻から無料通信アプリLINE(ライン)を通じて2人がホテルにいると知らされ、出口で待ち伏せ。男性と口論になり、止めに入った妻にも軽傷を負わせた。

「不倫」に激高、待ち伏せ 妻切りつけ容疑の夫逮捕
スポニチ

 

《刺された男性の妻》ということは、不倫サレ側同士は面識があり、お互い協力しあっていたということです。先の記事には《妻同士が知り合い》とあるので、家族ぐるみで付き合いがあったのかも知れませんね。

不倫相手が知り合いだったからこそ、許せない気持ちがより高まったのではないでしょうか。

悲惨な結果となってしまいました。

マコト

私ごとですが、僕の妻の不倫相手は職場の上司で、お互いに家族同士面識がありました。知人が図々しくも妻を寝とっていると知り、僕は激高! ギリギリのところで自制できましたが、警察沙汰になりました。M容疑者の気持ちがわからなくもありません……。

自力で尾行・張り込みのリスク、決して他人事ではない

ラブホテルから出てきた男女

この事件を見て、「こんなこと、自分はするはずないよ」と思っている方、本当にそう言えるでしょうか。

妻・夫に不倫疑惑がある場合、まずは自分で色々調べると思います。

スマートフォンを見たり、
財布やバッグの中身を見たり、
普段との違いを勘ぐったり。

そして、不倫がほぼ確実だとわかったとき、「不貞行為の証拠」が必要だと気づきます。

不倫をする者は必ず嘘をつくので、正面切って「浮気してるだろ!」と追及しても、証拠がなければ否定されます。いつまで経ってものらりくらりと言い逃れされるのです。

そこで現状打破のために、不貞行為の証拠を得ようとします。

不貞行為とは、つまり性交渉のことラブホテルに出入りしていたり、カーセックスをしているところを写真・動画で抑えるのです。

これ、冷静にできますか?

これまでの怒りが積もり積もっている状態で、妻・夫の不倫現場を直視するというのは、まともな神経ではできないでしょう。

不貞行為の証拠だけは、探偵に調査を依頼すべき

今回のこの事件、もし駆けつけたのが夫ではなく、探偵だったらどうなっていたと思いますか?

きっと、ラブホテルに出入りしている二人の姿を、写真やビデオで抑えてくれていたでしょう。その結果、不倫された夫は、それを元に不倫を解消させ、不倫相手には慰謝料請求することができたのでは無いでしょうか。

不倫の証拠は、ある程度は自力で集めるのは構いません。むしろ、不倫問題を解決するのは必要な行為とも言えます。

しかし、この「不貞行為の証拠」を抑えるための尾行・張り込みに関しては、できる限りプロの探偵に依頼するのが正解だと思います。

今は、無料で相談できる「街角相談所 -探偵- (machikado-tantei.com)」のようなWebサービスがあります。しっかりと相談に乗ってくれた上で、必要であれば、自分の状況に合った優秀な探偵社を選んでくれます。

不倫をサレて被害者であるはずのあなたが、加害者にならないよう、くれぐれもご注意ください。

関連リンク

スマートフォンで「街角相談所 探偵」へアクセス

不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール