Home » 話題の事件・記事 » ラブホテルの駐車場で、不倫中の妻が出てくるのを待機! サレ側同士がLINEで情報共有するも大惨事に
不倫中の妻をラブホテルの駐車場で待機!サレ側同士LINEで情報共有。まさかの惨事に。

ラブホテルの駐車場で、不倫中の妻が出てくるのを待機! サレ側同士がLINEで情報共有するも大惨事に

妻の浮気現場を押さえるため、夫はホテルの駐車場で待機出来るだろうか?

朝方ラブホテルから出て来た、妻と不倫相手の男。それを目の前にして、冷静な対処が出来るだろうか?

不倫の被害者である夫が、怒りのせいで加害者に一転

不倫に絡む、殺人未遂事件がおきました。

ラブホテルの駐車場で妻と男性を包丁で切り付け重軽傷を負わせたとして、大阪府警は25日、豊中市の内装工、M(名前は伏せます)容疑者(45)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。「不倫が頭にきたのでやった」と容疑を認めている。

「不倫頭にきた」ラブホテル駐車場で妻ら切り付け容疑:毎日新聞

45歳夫 + 44歳妻(不倫中)


妻が不倫中と連絡を受け、ラブホテルの駐車場で待機。

午前10時頃、妻と不倫相手の男がラブホテルから出て来た!

口論。

夫は、妻の不倫相手を切り付け重傷。妻は軽傷。

15分後、逮捕。

 

男性行き過ぎてしまいました。被害者であるはずの夫が、怒りに身を任せてしまったが為に加害者に。

不倫中の妻がホテルから出てくるのを待つなんて、想像を絶する精神状態だと思います。しかしそんな時こそ、深呼吸して落ち着いて、冷静になれるように意識して欲しいです。

不倫された者(された夫、された妻)同士が協力しあっていた

同じ事件を報道する別の記事によると、こんな事が書かれていました。

豊中南署によると男は、刺された男性の妻から無料通信アプリLINE(ライン)を通じて2人がホテルにいると知らされ、出口で待ち伏せ。男性と口論になり、止めに入った妻にも軽傷を負わせた。

「不倫」に激高、待ち伏せ 妻切りつけ容疑の夫逮捕:スポニチ

《刺された男性の妻》ということは、不倫サレ側同士は面識があり、お互い協力しあっていたんですね。

LINEは、スマートフォンに入っている電話帳を読み込んで、友達の友達を「友達では?」と表示する機能があるので、もしかしたら、つながるべくしてサレ同士がLINEでつながったのかも知れません。不倫をやめさせるために協力したったとしても、まさか刺さすとは思っていなかったでしょう。大惨事です。

繰り返しますが、くれぐれも加害者にはならないように。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール