街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました
Check!
不倫を推奨するプレジデント社に怒り!時代が全く読めていないのでは?

不倫を成功させる方法「夢中にならない、夢中にさせない」

あぁ……なぜ、こんな記事を掲載するんだろ?

ビジネスマン向けの経済雑誌「PRESIDENT」などを発行するプレジデント社によるウェブマガジン「PRESIDENT Online」に、不倫を成就させるためのテクニックが掲載されていました(少し前の日付ですが今気が付きました)。PRESIDENTは個人的に好きな雑誌で、ふだん良く読んでいるのでショックです。

「夢中にならない、夢中にさせない」きずな出版櫻井社長の不倫哲学

本記事のライターは、きずな出版の櫻井秀勲社長。

まず、記事冒頭で「石田純一さんの『不倫は文化』に私も同感です」と不倫肯定宣言。「不倫は、婚姻制の枠を超えた男女の結びつきによって互いの若さや文化度を高め合うシステムだ」と、その理由を説明しています。

その上で、”危機管理能力”、”主導権”、”会話力”、”褒め力”……。プレジテンド読者に向けてであろう50代のビジネスマン男性に向けて、不倫を成功させる為のテクニックが記されています。

夢中にならない、夢中にさせない。これが私の提唱する不倫哲学です。不倫相手の自宅に宿泊するのはタブー。最初からプライバシーに関わることを知らせたり、知ろうとする女性は、秘密保持力が低い場合が多い。そのような女性とつき合うことは、潔く見送る。「勇気」と「察知力」も不倫には不可欠なんです。

そもそも不倫関係は、愛情とは別次元のパートナーシップで結ばれるべきもの。だから私のガールフレンドは、私を「人生のメンター(師)」「情報源」と考えているようです。私も女性から、若い世代の空気や時代感覚をもらっています。

気力、体力、財力…不倫には何が必要なのか:プレジデント・オンラインより引用

不倫推奨記事を掲載して大丈夫?

うーん、ビジネスパーソン向けの雑誌に、不倫を成功させるための記事を書いても大丈夫なのでしょうか? 不貞行為は民法に抵触する違法行為なんですけどね……。

1970年代の高度成長期までの時代ならいざしらず、今の時代で不倫を推奨するスタンスを取るとは、経済誌・ビジネス誌として時代を読めていないように感じました。

不倫など見栄や欲望にうつつを抜かす世代が日本を喰いものにしたせいで、今日本が混沌とした先行き不透明な時代になったのではないでしょうか? 先にも書きましたが、僕自身「PRESIDENT」は良く買っており、先日の「がん特集」も素晴らしいと熟読させてもらったところです。残念です……。

ちなみに、この記事が掲載された「PRESIDENT Online」についての説明文を読んでみると、こう書かれていました。

PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)は、プレジデント社が提供するビジネスパーソンのための総合情報サイトです。ビジネス総合誌『プレジデント』を始め、家族・暮らしを豊かにする情報誌『プレジデントファミリー』、“食”を楽しむエンターテインメント雑誌『dancyu』のエッセンスを盛り込むほか、 当サイト独自のコンテンツも充実させ、働く人を24時間応援します。

うーん、家族や暮らしを良くはしていなし、働く人の応援にもなっていない。

不倫なんかより、家族を大切にするビジネスマンを、どうか、支援、応援して欲しいです。何卒よろしくお願いします!

【追記】既婚者同士のW不倫はバレずに、夫婦円満を保てる

また更に、PRESIDENT Onlineに衝撃の記事が掲載されました。「絶対バレずに夫婦円満を保つ不倫術」と題された、不倫を勧める記事。ライターは、恋愛・離婚カウンセラーの山崎世美子さんです。

独身女性との浮気は半年後くらいで発覚するケースが多いのですが、W不倫の場合、2~3年は続くのではないでしょうか。夢中にならず冷静にアバンチュールを楽しむのであれば、なかなかバレません。

絶対バレずに夫婦円満を保つ不倫術:PRESIDENT Online

独身女性と付き合うと必ずバレる。理由は結婚が頭をよぎるからとのこと。

そこで、相手も家庭がある人妻とのW不倫であれば、お互いバレたら困るので上手にフォローしてくれるとのこと。

W不倫もバレる

怖ろしい記事ですね。
無責任にも程があります。

不倫をして、絶対にバレないとか、夫婦円満を保つとか、あり得ないですから。

なぜなら、僕の妻がW不倫をし、僕はそれを見抜いたからです。

■関連記事
不倫克服記 第一話「結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。無気力から、セックスレスに」

また、不倫をして夫婦円満を望むとは、ずうずうしいにもほどがあります。不倫をする時点で、健全な夫婦関係を放棄したということ。悪意を持って、夫婦関係を壊しているのです。しかも、相手も既婚者なのですから、相手の家庭も壊すことになります。そんな卑劣な行為をして、タダで済むはずがありません。

きっと想像を絶する泥沼化することになるでしょう。

あぁ……しかし、プレジデントさん。
なぜ、こんな酷い記事を掲載するのでしょうか。良い記事もたくさんあるのに悲しいです。

不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【特別企画】不倫解決の手順をプロにインタビュー!
特集ぺージはこちら
【特別企画】不倫解決手順をプロにインタビュー!
特集ページ