Check!
ホーム » 話題の事件・記事 » ソフレ(添い寝フレンド)あなたは欲しい? 一緒に寝ているだけでも不倫になるのか
ソフレ

ソフレ(添い寝フレンド)あなたは欲しい? 一緒に寝ているだけでも不倫になるのか

キスや性行為をせずに、単に添い寝をするだけの関係、添い寝フレンド=「ソフレ」が話題になっています。

今や死語ですが、Aはキス、Bは前戯、Cはセックスという「恋のABC」というステップがありました。どこまで行けば恋人なのか、はたまた浮気や不倫になるのか? ABCは議論の指標にもなっていました。

そのカテゴリーに当てはまらないのが、添い寝フレンド=「ソフレ」です。

ちなみに、ソフレのことを「ソイフレ」と言うこともあります。

ソフレ(ソイフレ)とは

ソフレとは、単純に同じベッドや布団で寝るだけの関係です。

当然、エッチもしなければ、抱きしめたり、腕枕をしたり、キスをすることもありません。基本的には、「触れ合わずに寝るだけ」の関係をソフレと呼んでいます。

場合によっては、人肌の温かみを感じたいということで抱きしめ合うことがあるようですが、あくまでも一緒に寝るのが目的なので、それ以上は発展しません。もし発展すれば、それはソフレではなく、恋人など別の関係ということになってしまいます。

ソフレの目的は?

お互いに求めているのは、癒し。悩みごとなどを語り合うピロートークだったり、そばに人がいる温かみだったり。

もちろん添い寝の前には、一緒に食事をしたり、音楽を楽しんだり、映画を観たりなどする事とはあります。しかし、恋人関係になるのは煩わしいので、それ以上は求めません

もし、どちらか一方に恋愛感情が芽生えたら、お互いに距離を置き、ソフレ関係を解消するのがソフレの流儀です。

部屋で談笑する男女

ソフレの作り方

ソフレが欲しい場合、どうすればいいのか?

自分が一人暮らし、もしくは相手が一人暮らしで、遊びに行く関係からソフレに発展する場合が多いです。家で食事や会話を楽しみながら、そのままゴロゴロとしつつ泊まってくる流れです。最初は「身体を求められるのかな?」と思われるかもしれませんが、何もないことがわかると、より親密な友人としてソフレになれるのです。

その関係を長く継続したいのであれば、ソフレ関係であることをお互いで話しておくと良いでしょう。

また、周りに適任者がいない場合、出会いはネットが多いようです。ソフレを求めている人同士が出会えば、「試してみる?」と、ソフレ関係になれるかもしれません。「部屋でくつろいだり、一緒に旅行をしたりしたい。心でつながれる添い寝関係を求めている」。正直に、そう告白すると良いでしょう。

PCMAX安心の優良出会いマッチングサイト申し込み
【注意】独身者のみご利用ください

もし既婚者がソフレをつくったら、不倫になるの?

ソフレの当事者達は、決まったパートナーにこだわるのではなく、複数のソフレをつくる場合もあります。もちろん恋人同士ではないので、お互いそこは干渉し合いません。

しかし、既婚者であればどうでしょう。
既婚者がソフレをつくったら、それは不倫になるのでしょうか。

日本の法律(民法)では「不貞行為」を不倫としています。不貞行為とは、配偶者(夫婦)の異性と性交渉を行うということです。

では、ソフレは寝るだけなのでOKだね、と言うことにはなりません。

以前、キスをするだけの関係=「キスフレ」が話題になった際、離婚や夫婦関係を得意とする弁護士、冨本 和男さんがこのように答えていました。

 

キスフレ(キスはするけど、セックスはしない友達)

冨本弁護士は「仮に不貞行為と認められなくとも、損害賠償や離婚の根拠になり得るといえるでしょう」と付け加える。

「なぜなら、キスフレは配偶者以外の者との親密な交際ですから、夫婦関係が破綻する原因としては十分であり、『婚姻を継続し難い重大な事由』にあたるからです」
既婚者が「キスフレ」を作ったら「不倫」になってしまうのか?:弁護士ドットコム

 

これはキスフレに関しての見解ですが、ソフレとしても同様に当てはまると考えるのが妥当ではないでしょうか。

添い寝だけとはいえ、自分の夫や妻が、外にソフレをつくる事に対してパートナーがとても嫌だと感じる場合、それは『婚姻を継続し難い重大な事由』に当たり、貞操義務を守らない不貞行為(不倫)ではないものの、離婚と慰謝料請求の対象になる恐れは充分にあります。

また仮に、ソフレ関係だけだとしても、「不貞行為だ!」と言われた場合、性的行為を行っていない事を証明するのは非常に困難です。

ソフレといっても、既婚者にとって安心できるものではありません。ソフレはあくまでも、独身の男女が作るものです。既婚者は、くれぐれもご注意ください。

関連リンク

浮気相談のプロにインタビューしました 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール