Home » 話題の事件・記事 » 浮気性の男には、ゴメンではなく、ありがとうと言わせると良いそうです。
浮気性の男には、ゴメンではなく、ありがとうと言わせると良いそうです。

浮気性の男には、ゴメンではなく、ありがとうと言わせると良いそうです。

僕はこれまでの経験から、『浮気する奴は、いずれまた浮気をする』と思っています。

浮気性の彼氏と結婚しても大丈夫?

先日、YOMIURI ONLINEのウェブサイトに、こんな相談が寄せられていました。

今回の相談者・理奈さん(仮名、36歳)が悩んでいるのは、彼(35歳)の浮気癖。お互いの両親にも紹介し、同棲中で結婚も考えている男性だけに、どのように考えればいいのか分からず困り果てていました。

浮気癖以外は完璧な彼 結婚はアリ?:読売オンライン

僕からしてみれば「いずれ痛い目に遭うから、彼との結婚はやめておけ」なのですが、彼女は自分自身の年齢を考え「彼を逃したら一生結婚できないんじゃないか」という不安のもと、彼との結婚を望んでいます。

『ごめん』と言っているときは、『それさえ言っておけばある程度大丈夫だろう』と思っているものですし、回数を重ねるほどその傾向は強くなります。しか し、『ありがとう』は相手の大切さが身に染みていなければ出にくい言葉。

理奈さんとしては、彼をそういう心境に誘導したいところです。それと『ありがとう』と言われた理奈さんの不安やストレスも軽減されて一石二鳥ですから 。

浮気癖以外は完璧な彼 結婚はアリ?:読売オンライン

浮気する人間は、また浮気をする。やっぱりそれは前提にあるようです。しかし、それでも付き合って行きたい場合は、相手を攻めるだけではなく、自分自身も変る、という心構えが必要との事です。

今回は浮気症男の話でしたが、もし男女が逆であれば、やり方も違うような気がします。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール