ホーム » 不倫問題とたたかう用語集 » 再構築とは 夫婦関係の用語をわかりやすく解説
不倫問題と戦う「用語集」 知識武装が大切です

再構築とは 夫婦関係の用語をわかりやすく解説

再構築(さいこうちく)

再構築の意味

夫婦関係において使われる再構築とは、不倫を完全に終わらせたのち、夫婦関係を再び築き直すことです。

夫婦関係において「再構築」という言葉が使われ始めたのは、1999年8月19日に公開されたウェブサイト「不倫からの帰還」がきっかけです。同サイトは「配偶者、または本人の不倫を終結すること、 また、終結した後の夫婦の再構築をめざすこと」の趣旨を掲げ、運営されていました。

また同サイトでは、「夫婦の再構築」という表現について、以下のように解説しています。

「このサイト立ち上げの時に、夫婦は不倫後、元通りになるのではなく、新たに夫婦を作り直すべきであると考え『夫婦の再構築』という言葉を使用いたしました」

ウェブサイト「不倫からの帰還」は、およそ20年の運営を経て、2018年に閉鎖されました。

不倫発覚からの再構築における注意点

再構築を行う際、大切なのは「不倫関係を終わらせてから」ということです。

夫婦で不倫があった事実と向き合い、完全に不倫関係を終わらせてから、再構築へと進みます。まだ不倫が終わっていなかったり、隠れて継続していたりする場合、再構築は上手くいきません。

夫婦が共に、同じ方向を見つめることが大切なのです。

不倫の責任を分かち合う(もう一度ベストカップルを始めよう )

1998年に日本語翻訳版が出版された、ジャニス・エイブラムズ-スプリング著「もう一度ベストカップルを始めよう (旧タイトル:不倫は別れる理由にならない カップル再生の処方箋」)にも、再構築について書かれた項目があります。

同書第4章「決断 迷いと不安を消し去る」の、「責任を分かち合い、再出発する」項に、こう書かれています。

あなたにもできるはずです。自分を理解し、パートナーを理解し、知恵を出し合い、相手の未熟なところや葛藤を受け入れ、ふたりの明るい未来を描いてください。そのためにも現実から目をそむけてはいけません。不倫問題の背景を探ることで見えてきた各自の責任をしっかりと受けとめ、今まで以上に愛情の通うパートナーシップを築いてください。
このあとは過去から現在に焦点を移し、パートナーシップの再構築へとコマを進めます。

再構築のデメリット

夫婦の再構築は、素晴らしいアイデアです。

しかし、必ずしも上手くいくとは限りません。水面下で不倫関係が継続していたり、どうしても許せなかったり、完全に夫婦関係にヒビが入って修復が困難な場合があったりするからです。

その場合、再構築にとらわれ過ぎると、お互いが苦しみ続けることになります。特に不倫された側は、配偶者の不倫中から苦しんでいるので、苦悩期間が長期化します。そのため、精神的にストレスがかかったり、仕事が手につかなくなったりする恐れがあるのです。

自分のため、お子さんがいる場合は子どものためにも、見切りをつけて新たな一歩を進む方が良い場合もあります。

夫婦・カップルカウンセリングの活用

熟年夫婦の離婚の危機を描いた映画「31年目の夫婦げんか」では、夫婦の再構築にカウンセリングを活用しました。

お互いの気持ちがかけ離れてしまっている場合、第三者にあいだに入ってもらうことで、自分たち夫婦を客観視することができます。また、配偶者から「こうして欲しい」と直接言われるより、カウンセラーから指示を受ける方が素直になりやすくなります。

再構築のステップに進んで上手く行かない場合は、夫婦カウンセリング・カップルカウンセリングを活用してみるのも良いでしょう。

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥3,865 (2019/07/22 01:26:10時点 Amazon調べ-詳細)

「再構築」関連ワード

「再構築」関連記事

筆者: 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ [クリック] このサイトについて・運営者プロフィール ◀︎