不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ
夫婦トラブル時の会話のコツ

夫婦喧嘩になっていつも会話ができない。不倫トラブル時、相手の心を響かせるコツ

不倫問題に、夫婦の会話は欠かせません。

「きっと浮気をしている」と確信したときや、不倫の事実が明らかになり「夫婦関係の修復(再構築)」や「離婚」に向けて取り組んでいるときなどです。

でもこのとき、話し合いが上手くいかない、と苦悩の日々を重ねてしまうことが良くあります。

嘘ばかりつかれる、
逆ギレされる、
逃げられる、
無視される……。

一体、どうすれば良いのでしょうか?

今回は不倫トラブル時における、夫婦の会話のコツについてお伝えします。特効薬ではありませんが、相手の心に何かしらを響かせることができるでしょう。

【不倫トラブル】夫婦の会話、主語を私にする

Me(私)

 

その答えは、「会話の主語を私にする」です。

 

「冷たい態度ばかりやめてくれ。俺は辛い……」

「毎晩、仕事が終わったらすぐに帰ってきて。私は不安……」

など、私がどう思ったのかを添えるのです。

 

「俺が悪いことしたのか!」

「なぜ、浮気をしたの!?」

など、責めだけに徹すると、相手は完全防御に徹したり、逆ギレで対抗したりします。

そこで、伝えたいことの最後に自分の気持ちを添えることで、相手に考える余地を与えることができるのです。「そうか、辛い思いをさせてしまったのか」……と。

言わなくてもわかる・わからないではなく、相手にあなたのことを一瞬でも考えさせるのが狙いです

 

これは、ネガテイブなことだけでなく、ポジティブな会話にも使ってください。

「今日は一緒に食事ができて、俺は楽しかったよ」

「子ども達と遊んでくれてありがとう。私は助かったわ」

こちらも同じく、「そうか、自分の行動で喜んでくれたのか」と、相手のことを考える瞬間が生まれます。

 

もちろん不倫問題への取り組みは、そんな簡単なことでは無いのは僕も重々承知しています。僕自身も苦しみ抜いた経験があるので。

毅然とした態度で挑むことも大切です。
とても重要なことです。

でも、圧力ばかり掛けていても、なかなか進展しないのも事実です。自分の気持ちを伝えることで、少しずつ相手の心を響かせることができるでしょう。

【シタ妻・夫】嘘、逆ギレ、無視などをする理由

卑怯な行為
「くらえ!不意打ちだ」

 

不倫をしている者は、己の快楽のために家族を平気で踏み台にします。

見ず知らずの極悪人ならいざ知らず、かつては愛し合った夫婦。「こんなに酷いことをするなんて、同じ人間なのだろうか」と、相手のおごりたかぶった態度に驚愕することがあります。

なぜ、そこまで非人道的なことができるのか……と。

説明するまでもなく、相手には「浮気をしていることを正直には話せない」という事情があります。

そのため、嘘をつく必要があるのです。ときには、逆ギレして相手を萎縮させたり、会話そのものを避けるために無視したり、その場を去ったりする必要もあります。

つまり大前提として、不倫をしている者(シタ妻・シタ夫)は、話し合いにまともに応じられない事情があるのです。

 

膠着状態、せめぎ合い
「ぐぬぬ……」

 

サレ側(不倫をされた夫・妻)は、その牙城を崩したい訳ですが、攻撃すればするほど、相手は鉄壁の防御を堅めるようになります。だから、話し合いが上手くいかない……と、膠着こうちゃく状態が続くのです。

 

そこで、「会話の主語を私にする」を活用します。

わかりやすい例を出すと、こんな感じです。

  • 「絶対に許さない!」
  • 「絶対に許さない! 俺は本当に悲しいんだ」

 

心に隙間ができる
「拙者は悲しいでござる」

 

絶対に許さないという決心は同じですが、視点が少し変わるはずです。そこから相手に心に、少し入り込むことができるのです。

相手の心に残す戦略で

不倫問題は、たった一回の話し合いでは解決しません。

何日も、何週間も、何ヶ月もかけて、じっくりと取り組む必要があります。一度の話し合いで決着をつけようとするのではなく、長期戦略を覚悟しておくといいでしょう。

また、話している途中で、怒りが抑えられずに爆発させてしまうこともあると思います。

そんなときも、暴言を吐き捨てて終わるのではなく、できるだけ「私は悲しい」など、自分の気持ちを最後に残すようにしてください。

そうすることで、相手の心に何らかを残すことができるのです。

「お前なんか、〇〇〇しまえ! ……こんなことを言ってしまう、自分が悲しいよ」

 

それと、ポジティブなときも忘れずに。

「部屋を整理してくれたんだね。気持ちがいいよ!」

 

夫婦の会話がバトルばかりでどうにもならないとき、ぜひこのことを思い出して試してみてください。

繰り返しになりますが、容易な問題でないのは良くわかっています。でも何とか活路を見出さないといけない場合もあると思うのです。そんなときのヒントになればと願っています。

 

最後にひとこと。
相手が暴力を振るうなど危険な場合は、しばらく不倫問題の話を避け、日常会話をするようにしてください。

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/
【無料診断付】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/