ホーム » 不倫克復記

不倫克復記

妻の不倫に苦しんだ、サイト運営者の体験を綴った日記です。「気持ちが離れたから離婚したい。好きになるのに理由が無いように、冷めるのにも理由は無いの」と、突然妻から告げられます。そこから2年4ヶ月もの間、夫である私は苦しく辛い日々を過ごしたのです。
 
不倫相手の徹底的な「排除」、夫婦関係のやり直しを目指す「再構築」、不貞行為の「証拠」探し、不倫の後始末「慰謝料請求」……。読んで頂きやすいよう小説風に書きました。名前以外は全て【真実】です。
 
ぜひ「第一話」からご覧ください。
 
▶︎ 【第1章・第1話】結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。無気力から、セックスレスに

 

最終回。妻に不倫され、2年半戦い抜いた男の顛末は……?

最終回。妻に不倫され、2年半戦い抜いた男の顛末は…?

第6章・新たな人生へ向けて(39) 2006年11月 4ヶ月が経った。僕にはまだ、今回の顛末を伝えられずにいる大切な人がいる。 両親へ、妻の不倫、別居、そして離婚について報告 僕の実家へ。 心配を掛けまいと黙っていたが、両親にこれまでの事を話した。 桜子が今、家に居ない事。 桜子が不倫をしていて、ひ …

続きを読む

新しい風を吹き込ませるため、10年間勤めた会社を退職

新しい風を吹き込ませるため、長年勤めた会社を退職。

第6章・新たな人生へ向けて(38) 2006年7月 行政書士の先生のおかげて、慰謝料請求は上手くいきそうだ。これまで、家庭も、仕事も、泥沼に堕ちて行く感覚だったが、ここを機に人生の方向を変えたい。 不倫問題も、仕事も、過去とは決別! 新たな道を歩みたい 妻の不倫相手、佐伯への慰謝料請求の主導は行政書 …

続きを読む

行政書士の先生と、慰謝料請求に向けての作戦会議

慰謝料請求に向けての作戦会議。段取りと費用が確定。

第6章・新たな人生へ向けて(37) 2006年7月 不倫の慰謝料。損害賠償請求や法律が絡んでくることに関しては、やっぱり専門家に相談すると心強いし、とてもスムーズだ。 妻の不倫相手へ、まずは内容証明で反応を確認する メールを送信した翌日、行政書士の山城先生と再び会うことになった。 また自宅に来て頂く …

続きを読む

別居中の妻に「不倫相手へ慰謝料を請求する」と伝える

不倫相手へ慰謝料請求すると妻に伝える。激怒!

第6章・新たな人生へ向けて(36) 2006年7月 不倫問題の決着。再構築への望みは絶たれたが、そのまま泣き寝入りはできない。僕は不倫の末、もしも離婚することのなるのなら、妻の不倫相手へ慰謝料請求すると決めていたからだ。 行政書士の先生へ、慰謝料請求の準備を依頼 別居後、はじめて妻と連絡をとった。 …

続きを読む

頼りになる行政書士、不倫相手への慰謝料請求を準備

不倫相手への慰謝料請求。頼りになる行政書士先生。

第6章・新たな人生へ向けて(35) 2006年7月 僕は、不貞行為の証拠、それに類する不倫の証拠を集めた。慰謝料請求をするためだ。 不倫の慰謝料請求ができるかどうかを、行政書士の先生に相談 ネットの検索で、良さそうな人が見つかった。行政書士という職種で、会社設立時の書類手続きを得意としているようだが …

続きを読む

慰謝料請求を決意。不貞行為の証拠はこれで良いのか?

不倫問題終結を決意。佐伯への慰謝料請求。不貞の証拠はこれで良いのか?

第6章・新たな人生へ向けて(34) 2006年7月 妻が、最初に原因不明の体調不良になってから、ちょうど2年が経った。 妻の不倫相手への慰謝料請求、そのやり方や必要な証拠 新しいものを得たければ、古いものを捨てねばならない。 満タンに入ったバケツには、もう新しい水は注げないのだ。 不倫問題に決着を付 …

続きを読む

不倫からの家庭内別居。そして別居へ

不倫→家庭内別居→別居。一歩進むことを決意。

第6章・新たな人生へ向けて(33) 2006年5月 もう二度と会うことはないかもしれない……。僕は妻の「別居をしたい」の言葉を受け入れた。 妻が出て行った、寂しい部屋 僕は、3LDKのマンションに一人暮らしとなった。 夜、仕事を終えて、帰宅した部屋は暗い。 玄関の靴はまばらで、僕の分だけが並ぶ。ガラ …

続きを読む

家庭内別居から、本当の別居へ。妻から「家を出たい」と……

家庭内別居から、本当の別居へ。

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(32) 2006年4月 家庭内別居が限界に 妻から、「別居したい」と言われた。 別居……か。 有責者の妻からは離婚が出来ない。離婚は僕が承諾しないと進まない。そんな中での最大限の選択だったのだろう。 これまで再構築を考えて立ち向かって来たけど、もう無理なのかも …

続きを読む

春の訪れと、おじいちゃんの死。僕の人生の目標が定まった

春の訪れと、別れ。

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(31) 2006年4月 職場の異動から3ヶ月。春がやってきた。 大好きだったおじいちゃんが、突然息を引き取った 冬が終わり、桜のつぼみが大きくなる季節。 僕のおじいちゃんが倒れた。風邪をこじさせたような感じだったが、入院させられる事に。親父から「危ないかもしれ …

続きを読む

家庭内別居に慣れてしまったが、妻には尽くしたい

仕事は辛いが、幸いにも給料は上がった。目指すのは家庭内別居のプロ?

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(30) 2006年1月 妻の不倫問題のストレスを、夫である僕は勤めている会社で爆発させてしまった。会議中、上司からのネチネチとした嫌味にキレてしまい左遷されてしまったのだ。 勤め先で降格人事、営業から内勤に 今の会社は、新卒で勤めておよそ10年。これまでは外回 …

続きを読む

家庭不和から、仕事が手につかなくなり左遷。負の連鎖から抜け出せない!

負の連鎖から抜け出せない!家庭不和から、仕事が手につかなくなり、そして左遷。

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(29) 2005年12月 離婚を望む妻と、再構築にかける夫。申し立て不成立に終わった離婚調停から、5ヶ月が経った。 夫婦不和から1年半が経ち、ストレスを社内で爆発させてしまった 夏から秋、秋から冬。 時は過ぎ行き、年の瀬迫る12月となった。 妻に異変が起き、不 …

続きを読む

家庭裁判所へ出廷。「有責者からの離婚申し立ては珍しいですね」と言われ、結果はもちろん……。

不倫している妻からの離婚調停。結果はもちろん…。

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(28) 2005年7月 本題から少し脱線。 この不倫克服記は、当時のメモや証拠品、そして自分の記憶をたどって書いています。離婚調停に関しての細かな部分については少し定かではありません。離婚調停そのものについて詳しく知りたい方は、この日記は参考程度にお読みいただ …

続きを読む

家庭裁判所から離婚調停の案内。まさかの不倫当事者からの申し立て

家庭裁判所から離婚調停の案内。まさかの妻からの申し出。

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(27) 2005年7月 家庭内別居になって5ヶ月。妻は離婚を望んでいるが、僕は再構築に望みをかける。 裁判所から出頭命令。有責者からの離婚調停申し立て 妻の「いつ離婚してくれるのか?」の想いは、日に日に増して来ている。妻は、まるでまな板の上の鯉。それなのに、僕 …

続きを読む

不倫がバレて、仮面夫婦から家庭内別居に。それでも離婚できない理由

仮面夫婦から家庭内別居。それでも離婚できない理由。

第5章・やる直せるか?それとも離婚か?(26) 2005年6月 不倫相手は完全に排除し、妻の不倫は終わった。僕は、夫婦の再構築、つまりやり直しに注力した。 不倫がバレる前は仮面夫婦、バレてからは家庭内別居 妻の不倫相手、佐伯宅への怒鳴り込みから、4ヶ月が経った。 週刊誌やテレビでよく見かける家庭内別 …

続きを読む

派遣社員との社内不倫、バレからの退職

妻の転職。そして、携帯の解約。

第4章・不倫相手への怒鳴り込み(25) 2005年2月 妻の不倫相手(職場の10歳年上の上司)との話し合い、そして自宅への怒鳴り込み。不倫をやめる約束を念書に書かせ、また、妻のご両親への謝罪も行った。 不倫はやめさせたが、相手は職場の上司。派遣社員の転職 妻は派遣社員だ。 派遣会社を通じて、会社へ行 …

続きを読む

妻号泣! 念書で不倫をやめることを約束

妻号泣!不倫を辞める念書。不倫された者の痛みとは。

第4章・不倫相手への怒鳴り込み(24) 2005年2月 約束を反故にした不誠実な妻の不倫相手。怒りの対決を終え、僕は家路についた。 不倫された側の心の痛みとは 帰宅すると桜子は泣いていた。 佐伯との関係がもう終わりだ、と感じたからだろう。 不倫を隠し、夫である僕を騙し続け、離婚を迫った。 妻が不倫を …

続きを読む

不倫され夫の僕に優しかった、民事には踏み込まない警察官。通報からの事情聴取

通報→事情聴取。民事には踏み込まない警察官は、不倫され男の僕に優しかった。

第4章・不倫相手への怒鳴り込み(23) 2005年2月 妻の不倫相手宅への怒鳴り込み。土下座のあと、顔を上げながら「これで気が済んだか?」……と。 その瞬間、警察官2人が踏み込んで来た。まるでドラマか映画のように。 警察官からの事情聴取を受けるが…… 「何があったんだ?」 2人の警察官のうち、一人が …

続きを読む

妻の不倫相手の自宅へ怒鳴り込み! 土下座されるも怒り収まらず

土下座、警察…怒り収まらず。不倫相手への怒鳴り込みで激高!

第4章・不倫相手への怒鳴り込み(22) 2005年2月 不倫相手の男は、妻の10歳年上の妻子持ち上司。その不誠実さに僕は激昂! 2度目の対決に挑んだ。 前回は穏やかな話し合いだったが、今回は一切容赦の無い怒鳴り込みだ。 妻子がいる不倫相手の自宅へ、容赦ない怒鳴り込み! 「とにかく家に入ってくれ」。そ …

続きを読む

妻の不倫相手の自宅へ怒鳴り込み! 絶対に許さない!!

怒濤の怒鳴り込み!不倫相手の自宅へ。絶対に許さない!

第4章・不倫相手への怒鳴り込み(21) 2005年2月 妻の不倫が発覚し、僕は再構築の道を選んだ。 不倫相手には、「別れてくれさえすれば良い、あとは自分の妻子を大切にしてほしい」と伝え、それを理解してくれた。 ……ように思えただけで、実はそうでは無かったのだ! 裏切り続けるあいつを、もう許す余地は一 …

続きを読む

他に好きな人がいます。妻がmixiコミュニティーで、不倫の悩みを告白

第3章・不倫相手との話し合い(20) 2005年2月 妻とは別れると約束してくれた不倫相手の男。神妙な面持ちで頭を下げた直後から、妻をメールで洗脳しつづけていた。 「両親が味方になってくれるよう、上手く話してね。浮気だけど真面目なことを分かってもらえるようにね」「次にそのオカルト屋敷から逃げないとね …

続きを読む