Check!
ホーム » 不倫撲滅!泣き寝入りしない » ココリコ田中、不倫を許さない! ドラマ慰謝料弁護士が痛快!面白い!
不倫を許さないココリコ田中。ドラマ慰謝料弁護士が痛快!面白い!

ココリコ田中、不倫を許さない! ドラマ慰謝料弁護士が痛快!面白い!

はじまったばかりの連続テレビドラマ「慰謝料弁護士」が面白い!

読売テレビ・日本テレビ系で放送中。「深夜枠だし、まぁそれなりなんだろなぁ〜」と思っていたのですが、いざ見てみると、為にもなるし、楽しめる。弁護士役のココリコ田中さんが、すごく良い感じなのです。

普段は優しいのに、不倫には厳しい!
そして、依頼者には優しい。^^

僕はかつて、「妻の不倫 → 修羅場 → 慰謝料請求 → 離婚」を経験したことがあります。

そんな僕にとって、ココリコ田中さんが不倫者を追いつめて行く様子は、とても痛快でした!

【袴田弁護士の名言】浮気は夫婦の放棄。その瞬間から夫加害者と被害者の関係になる

ココリコ田中さんが演じる袴田弁護士の名言を紹介しつつ、ドラマの内容を簡単にお伝えします。

<袴田弁護士の名言(1)>

浮気をした時点で、あなたの旦那さんは健全な夫婦であることを放棄したんです。その瞬間から、あなたちは加害者と被害者の関係になったのです。

法廷でも、浮気は悪意と認められています。私にとっては、犯罪となんら変わらないと認識している。浮気をした人間は、それ相応の罰を受けるべきなんです。

<袴田弁護士の名言(2)>

今後浮気して、慰謝料を請求された時に、覚えておくといいですね。

浮気した人間がまず最初にすることは、謝ること。2番目にすることも、謝ること。3番目にすることも、そう。

とにかくあなたは、謝り続けないといけないんです。

 

夫の不倫を、スマートフォンの通知(LINE風アプリ)で知ってしまった妻。そこでチャットされていたのは、不倫の事実をしめす愛のやりとりであり、さらに妻への悪口がやりとりなされていました。

「私たち夫婦の問題なので……」と、一時は落ち込む妻でしたが、袴田弁護士が親身に心の支えとなり、不倫した夫を追いつめます。

奥さん選び、失敗しちゃったね(笑)

不倫経験者は、辛い体験のフラッシュバックに注意

若干残念だったのは、不倫が発覚したときの妻のようす。あんなに冷静にはなれないもんです。突然崖から突き落とされたような圧倒的な衝撃を受けるのではないでしょうか。その辺りにもっとリアリティーがあったらな、と思います。

不倫相手の「奥さん選び、失敗しちゃったね(笑)」なんて、殺意ですよ!殺意。

いや、でももしかしたら、あれくらいの方が良いのかも。不倫経験者は辛い体験をフラッシュバックしてしまうかも知れないので。

とにかく面白いドラマでした。前の記事でも書きましたが、ぜひご夫婦で見てください。もし不倫を隠しているようなら、焦りで様子がおかしくなるかもしれません。1話完結っぽいので、2話目からでも大丈夫ですよ!

ちなみに次週はW不倫だそうです。僕の経験と同じです。笑

毎週木曜日 夜23時55分〜
読売テレビ・日本テレビ系「慰謝料弁護士

ごあいさつ
「あなたの涙、お金に変えましょう」
“慰謝料” という形で、
人生の再スタートを
後押しさせて頂きます。

袴田法律事務所
所長 袴田幸男

■出演者
ココリコ田中(腕利き弁護士 袴田)
矢田亜希子(漫画家をめざす専業主婦)
渡辺直美(フリー調査員。女スパイに憧れている)
NMB48 山田菜々(カフェ店員)
高嶋香帆(編集者)
岩﨑名美(袴田法律事務所のアルバイト)
美保純(袴田法律事務所の大家。ゴシップ大好き)

ドラマ「慰謝料弁護士」の原作、慰謝料上手にとれるかな?

ドラマ「慰謝料弁護士」の原作となった、エッセイコミックがあります。こちらも合わせてチェックしてみてください。

■慰謝料上手にとれるかな?

出演者総額2千万円以上の慰謝料獲得ストーリー!特別描き下ろしの最終話では、なんと著者自らが夫の浮気相手に慰謝料請求を試みる!という驚きの展開に…果たしてその結末は?!大人気Web連載がついに書籍化!うえみあゆみの痛快コミックエッセイ。

<主要目次>
第1話 ミホさんの場合「バカ女を演じてたっぷりとりました」
第2話 セキさんの場合「あの男をお金でこらしめたかった」
第3話 キヨミさんの場合「プロのテクを買って勝ちました」
第4話 カオリさんの場合「夫が浮気してうちがとられました」
第5話 特別取材編 新川てるえさん「まずは自分を取り戻すこと」
第6話 うえみあゆみの場合「震え上がって待ってろよ」

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール