Home » 不倫克復記 » 妻の携帯パスワードロック解除に成功。不倫の事実を確実にする。
妻の携帯パスワードロック解除に成功。不倫の事実を確実にする。

妻の携帯パスワードロック解除に成功。不倫の事実を確実にする。

第三部 <不倫相手との話し合い>(13)- 2004年12月

改めて断っておくが、僕はこれまで人の携帯を勝手に盗み見たことがない。
そんな事をしてもしょうがないし、興味がなかったからだ。

しかし、今は妻から「冷めた、離婚したい」と言われ、mixiで不倫している事がわかった。

今は確実な証拠をつかむため、妻の携帯を探っている。
興味もないが、首根っこをつかむ為の手段だ。

もし、夫婦とはいえ、他人の携帯を勝手に触るのが違法というのであれば、それはそれで覚悟済みだ。

ただ残念な事に、覚悟は決めても、妻の携帯のあるひとつのメールフォルダがパスワードロックされている。ここで不倫相手とのやりとりをしてるんだろう、と思われるが手が出せない。

パスワートが4桁。
総当たりで10,000通り。

風呂に入っている短時間を突いて、これを当てるのは途方もない。

しかし、そこで思いついた。
パスワートは不倫相手の誕生日などの記念日なのではないか。
となれば、365通りしかない。1万通りが、一挙に約30分の1にしぼれた。

1月1日、0101。1月2日、0102。1月3日、0103。…3月10日、0310。3月11日、0311。

開いた。

そこには佐伯洋二の名前があった。

最高の体験、ありがとうね。感謝してるし、愛してます・・・
なんだよこれは。
完全に不倫に酔う、メッセージのやりとりが残されている。

妻が風呂から上がる。
もう時間はない。そこで一旦打ち切った。

妻が不倫をしている、そして相手は会社の上司、佐伯洋二。
遂にここまで出揃った。

どうするのか、俺。

やはり再構築したい。離婚はしたくない。妻とやり直したい。

その頃、心の支えになっていたのがウェブサイト「不倫からの帰還」。
不倫を辞めさせ(相手を排除)、目を覚まさせる、それから夫婦関係の再構築を行う。それがコンセプトであり、手段のようだ。

まさか自分の妻が不倫し、離婚の危機になるなんて、これっぽっちも思っていなかったので、僕にとってその免疫力はなかった。サイトの情報は大変心の支えになった。

不倫からの帰還

とにかく、状況を把握し、排除のタイミングを見極めたい。感情を押し殺し、静観しつづけた。

 

(次回へ続く)→ 重い空気の新年。耐えきれずに怒り爆発!

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール