Home » 不倫克復記 » 妻からの離婚調停。「不倫をした側からの離婚申し立ては珍しいですね」と言われ、結果はもちろん…。
不倫している妻からの離婚調停。結果はもちろん…。

妻からの離婚調停。「不倫をした側からの離婚申し立ては珍しいですね」と言われ、結果はもちろん…。

第五部 <やり直せるか?それとも離婚か?>(28)- 2005年7月

まず最初に話脱線。この不倫克服記は、当時のメモや証拠品、そして自分の記憶をたどって書いています。離婚調停に関しては細かな部分については少し定かではありません。離婚調停そのものについて詳しく知りたい方は、この日記は参考程度に、もう少し別で調べてもらえると幸いです。

離婚調停ガイドブック―当事者のニーズに応える
梶村 太市
日本加除出版
売り上げランキング: 213,477

 

さて、本題に戻ります。

家庭裁判所では、僕と桜子は顔を会わせない。まず、桜子の申し立てを調停員が聞いて、その後、僕が呼ばれる。「奥様は離婚を申し立てしています。いかがですか?」と言った具合に。

調停が行われる部屋は、和やかな雰囲気だ。僕の話に対して真剣に耳を傾けてくれるのは嬉しい。

妻が不倫をした事、双方に別れるよう伝えた事を伝えた。そして、今夫婦やり直せるようにしたい、と僕の願いを伝えた。

調停員さんは「不倫をした側からの離婚の申し出は珍しいですね」と。一般的には、不倫された側が「あなたとは離婚よ!慰謝料は○○万円もらうからね。あと親権は私よ!」。そんな話を調整する場所だ。なので、妻の家庭裁判所の活用の仕方は、そもそも間違っている。

僕の話を聞いた上で、再度申立人である妻と話をするようだ。

結果は、当日下される訳ではなく、後日妻の方に言い渡された。
不調。「離婚出来ない」という結論だった。

 

ところで、桜子は現在、新しい職場で楽しくやっているようだ。
元々陽気な性格なので、人と仲良くするのはうまい。時折、職場での楽しい出来事を話してくれる事もある。

不倫から目覚めるには、ゆっくりと時間を掛けなくてはいけないだろう。もしかしたら、僕と桜子は離婚になるかも知れないが、その話はもっと冷静になってから行いたい。

ここまで来て、僕のことを意気地なしと思われる方がいると思うが、はやり桜子とはやり直したいのだ。暑い夏の毎日が続いた。

 

(次回へ続く)→ 負の連鎖から抜け出せない!家庭不和から、仕事が手につかなくなり、そして左遷。

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール