Check!
ホーム » 音楽 » I’m Still Waiting – Courtney Pine feat. Carroll Thompson 一途な愛を貫く切ないラブソング
悲しんでいる女性。愛する人を待ち続けている

I’m Still Waiting – Courtney Pine feat. Carroll Thompson 一途な愛を貫く切ないラブソング

マコト

今回は、僕がこれまで何千回も聴いてきた、とても大好きなラブソングをご紹介します

 

曲タイトルは「I’m Still Waiting」。

「私はまだ待ち続けている」という意味。ラブソングといっても切ない系です。

オリジナル曲は、1971年リリースのDiana Rossダイアナ・ロスが歌ったものですが、僕が気に入っているのは、1990年にリリースされたカバーバージョン。Courtney Pine feat. Carroll Thompsonによる「I’m Still Waiting」です。

Courtney Pineコートニー・パインによる切ないサックスと、UKラバーズロックの女王として知られるCarroll Thompsonキャロル・トンプソンの歌声が、心にとても滲み入るのです……。

「不倫をされて疲れた」「再構築に取り組んでいる」 そんなときに聞いて欲しい

マコト

辛いとき、《自分は辛い状況にある》と現実を受け止めた方が良い

僕はそう考えています。なぜなら、無理に明るく振る舞おうとしたり、忘れようとしたりしても、それは自分に嘘をついていることになるからです。

自分は今、厳しい状況にあるのだ。

それを認めた方が、何ヶ月か先、何年か先に、きちんと立ち直れると思うのです。「厳しい壁をなんとか乗り越えたぞ」……と。

この曲「I’m Still Waiting」は、切ない曲です。

切ない曲だからこそ、自分の今の気持ちを代弁してくれているようで、共感させられるのです。

ぜひ、歌詞と照らし合わせながら、じっくりと聴いてみてください。和訳もしました。

I’m Still Waiting – Courtney Pine feat. Carroll Thompson 和訳

I’m Still Waiting

(Verse 1)
I remember when
私は覚えているわ
I was five and you were ten, boy
私が5歳で、あなたが10歳だった頃のこと
You knew that I was shy
あなたは恥ずかしがり屋の私をからかって
So you teased and made me cry
私を泣かせていたよね
But I loved you
でも、私はあなたが大好きだった

5歳の女の子と10歳の男の子

Then one day you came
それからある日、あなたがやって来た
You told me you were leaving
「引っ越すことになったんだ」と
You gave your folks the blame
あなたは家族を責めたけど
And made me cry again
私はあなたの言葉を聞いて、また涙を流したわ

(Hook)
When you said
あなたはこう言ったよね
Little girl
「ねぇ、君
Please don’t wait for me
僕のことは待たないで
Wait patiently for love
愛を辛抱強くまっていたら
Someday will surely come
いつかきっと本当に愛する人が現れるから
Ooh, little girl
おぉ
Please don’t wait for me
僕のことはもう忘れて
Wait patiently for love
いつか、きっと
Someday will surely come
本当の愛が君のもとにやってくるから……」
And I’m still waiting
だから、私はずっと待っているの

寂しくブランコに乗る少女

(Chorus)
I’m just a fool,
私ってバカよね
I’m just a fool who keeps waiting
あなたのことを待ち続けているなんて
I’m just a fool, I’m just a fool
そんな私って、ほんとバカよね
I’m just a fool,
私ってバカよね
I’m just a fool who keeps waiting
ずっとあなたを待っているの
I’m just a fool, I’m just a fool
ほんと私ってバカよね……

(Verse 2)
Then someone finally came
遂にその日がやってきた
He told me that he loved me
男性が現れて「君を愛している」と言ってくれたわ
I put him off with lies
でも、私は嘘をついてしまった
He could see I had no eyes
彼に嘘をついて、逃げてしまったの
So he left me once again alone
彼は去って、私はまた孤独になったわ
Like a child without her playmate
友達がいない子どものように、ひとりぼっちに
I had to face the truth
やっぱり私には、あなたしかいない
I was still in love with you
私はまだ、あなたのことがずっと好きなの

愛する人を待ち続ける女性

(Hook)
But you said
でも、あなたは言ったよね
Little girl
「ねぇ、君
Please don’t wait for me
僕のことは待たないで
Wait patiently for love
愛を辛抱強くまっていたら
Someday will surely come
いつかきっと本当に愛する人が現れるから
Ooh, little girl
おぉ
Please don’t wait for me
僕のことはもう忘れて
Wait patiently for love
いつか、きっと
Someday will surely come
本当の愛が君のもとにやってくるから……」
And I’m still waiting
だから、私はずっと待っているの

(Chorus)
I’m just a fool,
私ってバカよね
I’m just a fool who keeps waiting
あなたのことを待ち続けているなんて
I’m just a fool, I’m just a fool
そんな私って、ほんとバカよね
I’m just a fool,
私ってバカよね
I’m just a fool who keeps waiting
ずっとあなたを待っているの
I’m just a fool, I’m just a fool
ほんと私ってバカよね……

(Hook)
But you said
でも、あなたは言ったよね
Little girl
「ねぇ、君
Please don’t wait for me
僕のことは待たないで
Wait patiently for love
愛を辛抱強くまっていたら
Someday will surely come
いつかきっと本当に愛する人が現れるから
Ooh, little girl
おぉ
Please don’t wait for me
僕のことはもう忘れて
Wait patiently for love
いつか、きっと
Someday will surely come
本当の愛が君のもとにやってくるから……
Ooh, little girl
おぉ
Please don’t wait for me
僕のことはもう忘れて
Wait patiently for love
いつか、きっと
Someday will surely come
本当の愛が君のもとにやってくるから……
Ooh, little girl
おぉ」

本当に愛する人が現れる……それは誰のこと?

曲の解釈は人それぞれですが、みなさんはどう感じましたか?

僕は、「この彼女、今は過去の恋心に固執しているようですが、近い将来、再び別の人が現れて、そこで真実の愛に気づくのではないか」と想像しています。

過去に引きずられ続けるのか。
それとも別の未来を描くのか。

いろんな解釈ができそうです。

「愛する」という気持ちについて、改めて考えたくなる曲でもあります。

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール