不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ
かつて愛し合った夫婦に殺意が走るとき。

夫婦に芽生える殺意。妻の不倫をやめさせるつもりが、つい殴ってしまい死亡

妻から、夫への憎悪。

夫から、妻への怒り。

夫婦問題での暴挙が、偶然同じ日にニュースになっていました。

妻が暴走!車ボンネットに離婚調停中の夫

アクション映画の撮影かと疑う光景が、大阪市の中心市街地に広がった。大阪府警東署は7日までに、離婚調停中の夫(34)を車ではねようとして、ボンネットに乗せたまま約1キロ走ったとして、殺人未遂の疑いで大阪市大正区、パート従業員の妻 “名前は伏せます” 容疑者(28)を逮捕した。

夫はワイパー付近にしがみつき、けがはなかった。

妻が暴走!車ボンネットに離婚調停中の夫:日刊スポーツ

「妻の不倫をとがめようと……」 夫、妻を殴って死亡させる

妻を鈍器のようなもので殴ったとして、神奈川県警南署は7日、傷害の現行犯で横浜市南区宮元町の会社員、夫 “名前は伏せます” 容疑者(34)を逮捕した。

妻は搬送先の病院で死亡が確認されたため、同署は容疑を傷害致死に切り替えて調べている。

逮捕容疑は7日午後7時ごろ、自宅マンションの一室で、妻(31)の頭部などを鈍器のようなもので殴ったとしている。

同署によると、夫(容疑者)と妻は2人暮らし。妻は全身を強く殴られていたという。夫(容疑者)は「妻の浮気をとがめようと思った」と供述しているといい、同署で裏付け捜査を進めている。

「妻の浮気をとがめようと…」 殴り死亡させた容疑で横浜の男逮捕:産経ニュース

被害者なのに、暴力を振るうと加害者になってしまう

日頃、穏やかな方でも、怒りが積もりに積もって爆発してしまう可能性はあると思います。こういった事件の恐ろしさは、自分が被害者側の立場にいるはずなのに、冷静さ失い自分が完全な加害者になってしまうという事です。

被害者が加害者になってしまってはいけません。

耐え続けている立場は本当に辛いです。しかし、こういった時こそ深呼吸をして気持ちを落ち着け、冷静に行動してください。

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/
【無料診断付】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/