Home » 話題の事件・記事 » 下着の汚れが不倫の証拠に。裁判で勝利! ジップロックに入れて冷蔵庫へ、冷凍庫はNG

下着の汚れが不倫の証拠に。裁判で勝利! ジップロックに入れて冷蔵庫へ、冷凍庫はNG

不倫の証拠としては、「写真」「メール・手紙のやりとり」「興信所からの報告書」などが、まず思い浮かびますが、台湾で妻の下着が決め手となった裁判がありました。

妻の不倫を疑う夫は、汚れ(シミ)が付着した妻の下着を裁判所に証拠として提出。DNA解析の結果、別の男性の体液とわかり、妻の不倫を突き止めることがようです。

今の時代ならではの、不倫の証拠。面白かったのは、不倫している妻サイドの言い訳。詳しくは上のムービーを観てみてください。やっぱり不倫は人を狂わせる(馬鹿になる)んだなぁ、と再認識させられました。

不倫の証拠として下着を使う。まずはジップロックに入れて冷蔵庫へ、冷凍庫はNG

・新しければ新しいほうが良い
・ジップロックなど密閉できる容器で保管する
・保管温度は4℃がベスト。冷蔵庫での保管を推奨(冷凍はNG!)
・郵送する際も低温を維持できるクール便がおすすめ
こうして法科学鑑定研究所に届いた鑑定品は平均3週間ほどで分析を終え、詳細なデータと解説がセットになった報告書として依頼者へ届けられる。もちろんこの報告書は法的な効力を持った証拠として使うことも可能だ。
もう言い逃れはできない!? 法科学のプロに聞く最新の“浮気調査”事情:うれビあ総研

パートナーの不倫を疑っている時は、本当に心身ともにぐったりします。どうぞご自身のお身体は、忘れずに大切にしてください。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール