浮気相談のベテランにガチ取材しました 浮気相談のベテランにガチ取材しました
Check!
不倫報道は必要・不必要どっち?

不倫報道は不要だと? 知ってほしいサレ側の実情と、民法・刑法・日本国憲法 

「人の不倫の話なんで、どうでもいい」
「芸能人・政治家の浮気のニュースは不要」

週刊誌などで有名人の不倫が暴かれると、マスメディアはじめ、SNSなど個人間でも、いつも大きな騒ぎとなります。

そうした様子を見て、「なぜ、赤の他人の不倫に怒るのか?」「お前らには関係ないだろ」といった声が上がります。確かに、主要なニュースを差し置いて、不倫報道に熱狂する姿に批判的になる気持ちは、わからなくもありません。

マコト

しかし、その不倫報道を批判する姿勢。浅はかではありませんか?

今回は、法律的な視点、そして不倫をされた側の実情からの視点で、不倫報道批判に「待った!」をお伝えします。

不倫は違法 声を上げるなら、民法の改正を訴るべき

裁判所

だいぶ古い言葉ですが、「3年目の浮気」「浮気は男の甲斐性」などの言葉があったように、浮気(不倫)というのは、《された側の気持ちの問題で対処せよ》と捉えられがちです。

でも、知っていますか?
不倫は違法行為なんですよ。

「他人の不倫にいちいち騒ぐな! お前らには関係ないだろ」と言う方は、他の違法行為についてのニュースはどうなのでしょうか? そうしたことに対しても、「騒ぐな!」と一喝するのでしょうか。

もし、不倫報道に批判したい気持ちがたかぶってきたのであれば、法律改正を掲げて声を上げれば良いと思います。

  • 「貞操義務を廃止せよ」
  • 「一夫一妻制は廃止せよ」
  • 「オープンマリッジで重婚を認めろ」

こうした具体的な施策を掲げ、自分の理念を広めたり、国や社会を変えようとしたりする方が、かっこいいのではないでしょうか。

マコト

特に有名人など影響力がある方は、「違法行為を容認している・助長している」と捉えられるような発言は控えた方が良いと思います

 

\夫婦に関する憲法・法律/

日本国憲法 第24条

第二四条
婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。
配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない。
マコト

法律云々の前に、実は憲法にも「夫婦は、相互に協力し、維持しなさい」と書かれています

 

民法 第752条「同居、協力及び扶助の義務」

第709条
夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。
マコト

ここには明記されていませんが、夫婦間の基本的な義務として貞操義務ていそうぎむもあると解釈されています。貞操義務とは、「夫婦以外の異性とはセックスをしない、その約束をする」という意味です。

 

民法 770条「裁判上の離婚」

民法770条では、離婚について規定されています。条文は以下の通りです。

民法第770条

1)夫婦の一方は、以下の場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

2)裁判所は、前項第1号から第4号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

マコト

一度、婚姻関係を結ぶと、一方的にはその契約を破棄できません。つまり「勝手に離婚できない」ということです。しかし、上記の理由がある場合は、裁判所において離婚が認められます。配偶者の不貞行為(他の異性と性交渉)は、離婚の理由になります。不倫をしたら、離婚されても仕方がないのです。

 

民法 第709条「不法行為による損害賠償」

第709条
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。

マコト

不倫(不貞行為)は、損害賠償の対象になります。不倫をした者は損害を賠償する責任があるのです。つまり慰謝料です。

 

民法 第724条「不法行為による損害賠償請求権の期間の制限」

第724条
不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から二十年を経過したときも、同様とする。

マコト

法律ですので「時効」もあります。配偶者が不貞行為をしていると知った時から「3年間」で時効となります。
たとえば、探偵に浮気調査を依頼し「不定高の証拠」を得ることができたのなら、そこから3年間の間に、慰謝料を請求するか、しないかを、考えることができます。ですので慌てなくても大丈夫! じっくり検討することができるのです。

 

刑法 第184条「重婚」

第184条
配偶者のある者が重ねて婚姻をしたときは、2年以下の懲役に処する。その相手方となって婚姻をした者も、同様とする。

マコト

実際、重婚罪が成立することは少ないのですが、一夫一妻制の日本において、2人以上と結婚することは認められていません。懲役という厳しい罰則も規定されています。また重婚は「民法732条・744条」にも定められていて、重婚は取り消うるものだとしています。

 

\不倫報道はやめろー/

違法行為を助長するなら、憲法・刑法・民法の改正を掲げて声を上げるべき

長々と書きましたが、婚姻関係というのは、憲法、刑法、民法で守られたものなのです。

「お前らには関係ないだろ」
「不倫報道は不要」

こうした軽はずみな発言は、慎むべきかと思います。

もし、「不倫そのものを容認すべき」だとか、「婚姻関係を自由なものにしたい」などと考えているのであれば、ぜひ、ご自身の理念に沿って、憲法・刑法・民法の改正の声をあげて欲しいと思います。

海外では、不倫くらいで騒ぎ立てない

また、不倫報道があるたびに、「海外では、不倫くらいで業界から干されたり、強くバッシングされたりしない。それなのに、お前らは……」と非難の声を上げる方が現れます。

でも、それは国民性だけでなく、法律の問題もあるのです。

たとえばテレビ。
テレビは、企業からの広告収益で経営しています。そのためテレビは、違法行為を働く者や、反社会勢力に関わる人を、出演させられないのです。スポンサーが付きませんから。

繰り返しになりますが、不貞行為は違法。

こうした事情を無視して、「海外では……!」と叫ぶのも浅はかです。先と同様に「不倫を合法に」「オープンマリッジを認めろ」など法律改正を掲げたりするべきでしょう。

 

不倫で壊れる家族がいる

産後うつ

そして、もう一方の「不倫をされた側の実情」からの視点です。

不倫は、つい当事者だけの問題だと考えがちです。

不倫をした者、
不倫をされた配偶者。

でも、その背景には、何人もの人がいるのです。

 

先日、僕はこんなツイートをしました。

お笑い芸人であり、「えんとつ町のプペル」など人気作品を持つ絵本作家としても知られる西野亮廣さんが、東出昌大(俳優・杏さんの夫)と、唐田えりか(俳優・独身)の不倫報道の騒ぎに対して、苦言を呈していました。

なぜ、他人の不倫に騒ぐのかわからない? あなたには関係ないよ……と、いった具合に。

でも、それは想像力が欠けている、と僕は思うのです。西野亮廣さんは独身なのでわからないかも知れませんが、不倫の被害者は配偶者(妻・夫)だけではありません。子ども、親、兄弟など、多くの人が傷つきます。特に、子どもへの被害は甚大です。精神的ショック、経済的ショックなど、様々なショックが与えられるのです。

西野亮廣さんのような発言をされている有名人は何人もいましたが、西野亮廣さんは絵本作家であり、子ども達に夢を与えてきた方なので、そこは思慮して欲しかったです。

西野亮廣さんだけを批判しているように書いてしまいましたが、そういう訳ではありません。

不倫を軽々しく考える方は、もう一歩踏み込んで、その先にあることも想像して欲しいのです。

別の記事ですが、親が不倫した子どもの悩み。何十年経っても、そのトラウマが消えないと悩んでいる方のお話をご紹介します。

■関連記事
男にだらしない 浮気をする母親が許せない!
親の不倫は子へのネグレクト。母親の浮気が、何十年経っても許せない!

マコト

親の不倫は、子どもも被害者です

 

芸能人・政治家の不倫を騒ぎ立てる意義

ふわりと動きはじめた鳥の羽

最後に、不倫報道を取りあげたり、それに注目したりする意義についてお話しします。

僕のTwitterにリプライで、こんなご意見を頂きました(匿名の鍵付きアカウントですので、内容は少しぼかします)。

不倫は、やられた方は心を殺されるのに、たいして慰謝料もとれず、証拠を抑えるのも大変! 結果、離婚したら、もうね、大変なんですよ。それくらいのことなのに、民法では大した罪に問えない。

声を上げるとことで、「世論を動かす」ということもあるんだよ。

 

そう、不倫は心を殺される。

不倫は、これまで培ってきたことを、悪意を持って破壊する卑劣な行為です。

これまでの年月は何だったのかと虚しくなり、これまで支えてくれた両親や兄弟など家族に申し訳なくなり、結婚を祝ってくれた友人や同僚にも顔向けできない……。

さらに子どもがいる場合、不倫をした妻・夫にとって、わが子や家族とは何だったのか? と、悲しみ、怒り、絶望が、とめどなく湧き出てくるのです。もちろん将来への不安も。

 

先日、「裁判まで行くと、平均的に女性からは75万円くらい、男性は高くて200万円くらいの慰謝料しかとれない」という話を聞きました。

法律で夫婦関係が守られているとはいえ、その罰則はあまりにも緩いものです。

パートナーの不倫を経験した方の多くは、きっと現状に対する嘆きや怒りがあるのでしょう。「不倫とは、そんな甘っちょろいもんじゃないぞ!」と。

 

あともう一つ言うと、昨今の不倫騒動をみていると、「妻が妊娠・育児中に不倫をする夫」が多いように見受けられます。

女性にとって、妊娠や出産は命がけです。

自分の全てをかけて、命を削って取り組んでいるのです。そんな最中に……

「夫が不倫」

もはや、人として何かが欠落しているのでは無いかと思えるほどの、最低、最悪の行為です。

育児にしたって、授乳には痛みが伴います。乳児のあいだは、まともな睡眠時間もとれません。そんな心身ともに限界まで疲弊しているところに、最も寄り添わないといけないはずの夫が、他の女とうつつを抜かしているのです。

 

不倫は、心を殺される。

 

この実情を、もっと知ってもらいたいと思います。

そして僕自身は、不倫の厳罰化を望んでいます。

関連記事「妻・夫の不倫と戦うために」

「不倫撲滅!」と書いた旗を掲げる手

本サイトは、不倫撲滅! を掲げています。

僕自身の「不倫をされた体験談」をせきららに語りつつ、妻・夫の不倫問題に立ち向かうために知っておきたい「不倫を知ったときの心構え」「不貞行為の証拠を得る方法」「相手と戦うために知っておきたい損害賠償請求・時効などの法律」などのコラムも書いています。

さらにそれらをまとめた「不倫撲滅マニュアル」も執筆中です。

ぜひ、こちらのページも合わせてご覧ください。

不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【特別企画】不倫解決の手順をプロにインタビュー!
特集ぺージはこちら
【特別企画】不倫解決手順をプロにインタビュー!
特集ページ