浮気相談のベテランにガチ取材しました 浮気相談のベテランにガチ取材しました
怒ってパンチをする女性

夫の浮気相手がブサイク。なぜ、妻よりなぜ美人じゃないのに惹かれるのか?

「夫が浮気をしている」

どんな相手なのかと調べてみたら……えっ、驚きの容姿。あきらかにブス。

若くて美人の女性を想像していたのに、一体なぜ!?

実は、既婚男性が浮気相手に選びやすい女性は、奥さんより美人じゃない場合が多いのです。この理由は、国内トップクラスの探偵社「MR」の創業者・岡田真弓さんが不倫の実態を解き明かした著書に書かれています。

created by Rinker
KADOKAWA
¥968 (2021/08/02 10:44:23時点 Amazon調べ-詳細)

【事前のお詫び】わかりやすく伝えるため、「ブス」「ブサイク」と女性を軽視する表現をしています。失礼な言葉ですが、どうかご容赦ください。

夫の不倫相手がブス。男性経験が少ないため不倫でも尽くす

愛人は妻よりブスが多い

容姿が劣る女性はモテた経験がほとんど無いので、彼氏が既婚者であっても誠心誠意尽くす。

男性は遊びだったとしても……。

探偵たちの聞き取り調査では、弊社に依頼に来る8割が、奥さんより容姿が劣る女性と夫が不倫をしているというのだ。これはいったい何故なのか。

会社を挙げてあらゆるデータ、アンケート調査、ヒアリングを重ねた結果、そこからは驚きの事実を導き出すことができた。

言葉は悪いがブスな不倫相手は、ブスがゆえに男性に好かれた経験が少なく、既婚者であっても深い関係になった相手に対して、心から全力で尽くすという。不倫に走る夫は、前にも書いたように、妻に物足りなさを感じていたり虐げられていたり、常日頃から不満を抱いている。そんな夫に、至れり尽せりで接する女性は、たとえブスであろうとも、情が移ってしまうのは否めない。もちろん夜のサービスも満点だとか。

例えば、こんな事例もある。

(中略)

この時も不倫相手の女性は、とことん男の要望に応えるブスであった。

岡田真弓・著「探偵の現場」P.93より引用

ブサイクな女性は、不倫をやめさせてもまた近づいてくる

夫の不倫相手がブサイクだと知って、ホッと安心していてはいけません。

別れさせたとしても、また夫にアプローチをしてくることが多いそうです。

こうした女性には次の相手が見つかりにくいので「今カレ」に固執しすぎるところである。

仮に不倫を解消しても、その後の愛人の動きを気にして見ていないと、不倫夫に何度もアプローチをし、その度に不倫夫の心もグラグラ揺れて愛人を放っておけないことになりかねない。そうした状況を放置しておくと、夫婦関係が破綻することにつながる。

岡田真弓・著「探偵の現場」P.95より引用

美人の妻は要注意! 夫は足りない部分を外に求めてしまう

美人妻がいる男性のコミュニティー

ここまでが、浮気調査のプロ中のプロ、探偵社MR代表・岡田真弓さんのご意見です。

皆さんは、いかが感じたでしょうか?

 

次は、僕の私感です。

この本を読みながら、女性の友達が「旦那が私より可愛くない女と浮気してたら腹が立つ! 美人だったら、悔しくて自分磨きを頑張って旦那を取り返すんだけど」、と言っていたのを思い出しました。

そのときの僕は「???」な気分でした。奥さんの努力はすごく健気だけど、それでは解決しないんじゃない?……って。

なぜなら、美人の奥さんをもらっている男性は、プライドが高い場合が多いからです。僕の知人に、モデルのような美人女性と付き合っている男性がいるのですが、彼のコミュニティーにいる人の多くが、ものすごい美女と結婚しているのでしう。単に “プライド” とまとめてしまうべきでは無いかもしれませんが、そういったコミュニティーに属していると、「俺も負けずに美人女性を手に入れたい。自慢したい!」と、無意識に考えてしまうのかも知れません。

車だったり、
ファッションだったり、
最新のスマートフォンだったり……。

男性の見栄の流れに、彼女や妻の存在がある人もいると思います。

そんなプライドを重視する男性が、いざ美人の彼女と結婚したあと、奥さんに対して不満を覚えたときにどうするのか? プライドが高いがゆえに、世間体から離婚することができず、その穴埋めを外の女性に求めてしまうのではないでしょうか。

しかも、不倫なので他人に紹介する必要がないので、美人でなくてもいい

大変ひどい話なのですが、僕個人的には、妻より容姿が劣る女性と不倫をする男性の心理を、そう感じています。

要はズルくて、器の小さい男ですね。

逆に、女性はどんな男性と浮気に走りやすいのでしょうか? 今度聞いてみたいです。

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/
【無料診断付】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/