Home » コラム » 不倫と浮気の違いを解説。また、不貞行為の意味とは?
不倫と浮気の違いを解説。また、不貞行為の意味とは?

不倫と浮気の違いを解説。また、不貞行為の意味とは?

浮気という言葉には「浮気心」とか「浮ついた気持ち」といった軽い印象がありますが、不倫からはズシンと重いものがのしかかってくる重大な印象を受けます。

そもそもこのふたつの言葉、「浮気」と「不倫」の意味は何なのか? そして、どう使い分けると良いのか?

いまいち使い分けが難しいこの言葉を、今回は解説します。

浮気と不倫、辞書に書かれたそれぞれの意味

【浮気/上気】うわき〔うは‐〕

[名・形動](スル)

  1. 一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。また、そのさま。移り気。「―な性分で何にでも手を出す」
  2. 異性に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。「―な人」
  3. 配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。「旅先で―する」
  4. 心が浮ついて、思慮に欠けること。また、そのさま。
  5. 浮かれて陽気になるさま。また、そうなりやすい気質。

デジタル大辞泉より

【不倫】ふりん

[名・形動]道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま。「―な(の)恋」

デジタル大辞泉より

たしかに、浮気の方が軽いですね。「配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと」とも書かれていますが、「心が浮ついている」「異性に心をひかれやすい」など深刻度は低い印象です。

それ対して不倫は、「道徳」「人の道に背く」など、人として間違っている状態。うかつに他人に話せない、笑ってごまかせない状況といえます。

法律には、不倫や浮気という言葉はない。不貞行為という

不貞(ふてい)行為という言葉をご存知でしょうか。

不貞行為とは、結婚しているにも関わらず、妻・夫以外の異性と性交渉を行うことです(セックス。オーラルセックスなど射精をともなう行為も含む)。単に他の異性と密会しているだけの状態であれば、それは不貞行為とは言いません。

また、結婚する前であれば、法律上契約を結んでいないので、性行為があっても不貞行為にはあたりません。

実はこの「不貞」という言葉。法律で使われている用語なのです。結婚については民法で定められていて、その中では不倫や浮気という言葉は使用されておらず、同義語である不貞が使われています。

結婚は契約ですので、不貞行為があれば、民法第770条に基づいて、裁判所へ離婚を訴えることができます。

民法第770条

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

配偶者に不貞な行為があったとき
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

不倫・不貞は結婚後、浮気は結婚前に使う言葉

浮気と不倫は、どちらにも「配偶者がいるにも関わらず、他の異性と性行為を行う」という意味が含まれています。

ただ、不倫の意味である「人の道に背く」というのは、社会生活の秩序から外れる(乱す)ことだと言えますので、違法行為である不貞行為と、ほぼ同義語と考えていいのではないでしょうか。

ですので結論としては、

  • 【浮気】結婚前に使う
  • 【不倫】結婚後に使う

と、いう使い分けで良いと思います。

不貞行為がないプラトニックな関係は、不倫になるのか? ならないのか?

もう少し踏み込んでみます。
不貞行為がないプラトニックな関係についてはどうでしょうか。

法律上は、性行為の有無が不貞行為であるかの判断になります。そのため法律上は、プラトニックラブは不貞行為にあたらないということになります。

ただし、「夫(妻)との性行為を拒み続ける」「生活費を相手につぎ込む」などがあれば、民法第770条に記載されている「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があるので、その場合は裁判に訴えられた場合、負ける可能性が高くなります。

裁判で負ければ、慰謝料を請求される。子どもがいる場合には養育費や親権が請求されるなど、とても不利な状況で離婚されることになります。要は、「円満離婚ではない離婚を迎える」ということです。

不貞行為があると思うが、証拠がない場合

不貞行為はたいていの場合、ラブホテルやシティーホテルなど密室で行われることが多いでしょう。そのため、不貞行為の事実を証明するのは難しいのです。

そのため「これは明らかに不貞行為があると考えられる」という状況証拠を裁判所に提出すると、相手の不貞行為を証明となります。

そこで、細かな証拠をかき集めて、言い逃れできない状況をつくる必要があります。

僕個人の経験ですが、妻が不倫を行っていると確信したとき、妻は「不倫なんてしていない」とシラを切られました。しかし細かな証拠を複数集めて見せ、「もう言い逃れでいないぞ!」という状況をつくり、不倫の事実を認めさせました。当時の僕は、離婚ではなく、やり直しするために、そして不倫相手を排除するために、必死の行動を行っていました。

このことについては、以下のリンク先より本サイトの「不倫克服記」を読んでみてください。

 

不倫・不貞行為の証拠をつかむ方法

iPhone以外にもこんな方法もあります。ココセコム、GPSロガー。

不倫をされた場合、「やり直しを目指す」「離婚をする」のいずれを選ぶにせよ、不倫・不貞の証拠をつかむのはとても重要です。

なぜなら、不倫をしている者は、嘘をついたり、言い逃れしたり、逆ギレしたりするからです。そんなとき、「不倫しているだろ!」と憶測だけで迫っても進展できません。逆に相手に良いように振り回されるだけです。

離婚を決意した場合、証拠を握っているのは重要なのは当然ですが、夫婦のやり直しを目指す(再構築)場合であっても、相手が不倫を認めて、反省して、やりなおしを目指すと決意しない限りは上手くいきません。

そのため、いずれにせよ不倫の証拠、不貞の証拠が必要不可欠なのです。最後に、証拠をつかむために使えれる道具やウェブサービスをご案内します。

証拠をつかむのはタイミングも重要です。あなたの状況・環境に合わせて選んでください。

【スマホ以外1】ココセコムで現在地確認

ココセコム

  • 今いる場所を、携帯やパソコンで検索できます。

また、iPhoneユーザーではなくAndroidやガラケーの方、もしくはやっぱりApple IDがわからなかった、という方のために『ココセコム』という手段もあるので紹介しておきます(月額基本料金 900円より / 初回加入料金 4,500円 / 契約期間があるのでご確認ください)。

【スマホ以外2】数千円で買える「GPSロガー」で移動ルートを記録。Amazonで高評価!


  • 移動した道筋(ログ)を記録してくれる装置です。
  • 後からパソコンで移動したルートを見る、という仕組みです。リアルタイムに今いる場所はわかりませんが、ずっと監視しつづける必要がないというメリットもあります。
  • 【目的】嫁の車の立ち寄り場所と滞在時間の把握。不倫疑惑あった為。
  • 【設置場所】嫁の車内で後部の開かない窓の近く。LEDが点滅するためテープで隠す。
  • 【結果】見事に綺麗にグーグルMAP上を走行し、怪しい場所で数時間停車。高速に乗ったり下道走ったり、見事に再現。時間までも。すばらしいってな感じで、私にとっては最高のものでした。(Amazon igotU GT-600レビューより引用)
  • 【スマホ以外3】プロの探偵・興信所に相談する

    街角相談所-探偵- をスマートフォンでアクセス

    • より確実に不倫・不貞の証拠が得られる
    • 裁判で利用できる調査報告書を作成してもらえる
    • 妻・夫に気づかれにくい
    • ただし、信頼ある探偵社に依頼するのが重要!

    不倫・不貞の証拠をつかむには、タイミングがとても重要です。不審な出張やクリスマスの予定など、妻・夫の怪しい予定がわかったときは、プロに調査を依頼するのもひとつの方法です。

    プロの探偵に任せることで、より確実な証拠を得ることができ、さらにあなたが証拠探しをしていることを悟られないようにすることができます。ただ、膨大な探偵事務所・興信所からあなたにとってベストな業者を探すのは非常に困難です。

    そんなときは、「街角相談所-探偵-」を利用するのをおすすめします。無料で、何社でも、何度でも、あなたの希望(料金、調査内容、地域)にあった信頼性の高い探偵社を選び出してくれるサービスです。

    探偵を使うべきかどうかの決め手や、探偵に依頼した際にかかる費用については、以下の記事に詳しく書きましたので、ぜひご参考にしてください。

    ■関連記事
    不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから抜け出したい。あなたにベストな探偵を探してくれる街角相談所

     

     

    筆者: 篠原 誠

    篠原 誠
    パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール