Home » コラム » 不倫と浮気の違いを解説。また、不貞行為の意味とは?
不倫と浮気の違いを解説。また、不貞行為の意味とは?

不倫と浮気の違いを解説。また、不貞行為の意味とは?

浮気と言われると「浮気心」とか「浮ついた気持ち」とか軽い印象もあるけど、不倫と言われると、ズトーーンと重い。

そもそもこのふたつの言葉、「浮気」と「不倫」の意味は何なのか? そして、どう使い分けると良いのか?

イマイチ使い分けが難しいこの言葉を、今回は解説します。

まずは、辞書に書かれたそれぞれの意味から。

うわ‐き〔うは‐〕【浮気/上気】

[名・形動](スル)

  1. 一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。また、そのさま。移り気。「―な性分で何にでも手を出す」
  2. 異性に心をひかれやすいこと。また、そのさま。多情。「―な人」
  3. 配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。「旅先で―する」
  4. 心が浮ついて、思慮に欠けること。また、そのさま。
  5. 浮かれて陽気になるさま。また、そうなりやすい気質。

デジタル大辞泉より

ふ‐りん【不倫】

[名・形動]道徳にはずれること。特に、男女関係で、人の道に背くこと。また、そのさま。「―な(の)恋」

デジタル大辞泉より

たしかに、浮気の方が軽いです。「配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと」とも書かれていますが、「心が浮ついている」「異性に心をひかれやすい」など深刻度は低い印象です。

対する不倫は、「道徳」「人の道に背く」など、人として間違っている状態。うかつに他人に話せない、笑ってごまかせない状況といえます。

法律では、不倫・浮気という言葉はない。不貞行為という。

不貞(ふてい)行為という言葉をご存知でしょうか。

不貞行為とは、結婚しているにも関わらず、他の異性と性交渉を行うことです(セックス。オーラルセックスなど射精をともなう行為も含む)。単に密会しているだけの状態であれば、それは不貞行為とは言いません。

また、結婚する前であれば、法律上契約を結んでいないので、性行為があっても不貞行為にはあたりません。結婚は契約ですので、不貞行為があれば、民法第770条に基づいて、裁判所へ離婚を訴えることができます。

不倫 ≒ 人の道に背く ≒不貞行為

浮気と不倫は、どちらにも「配偶者がいるにも関わらず、他の異性と性行為を行う」という意味が含まれています。

ただ「人の道に背く」というのは、人間生活の秩序から外れる(乱す)ことだと言えますので、違法行為である不貞行為と、ほぼ同義語と考えていいのではないでしょうか。

ですので結論としては、

  • 【浮気】- 結婚前に使う
  • 【不倫】- 結婚後に使う

と、いうように使い分けて良いと思います。

不貞行為がないプラトニックな関係は不倫ではないのか?

少し余談になりますが、プラトニックな関係についても。

法律上は、性行為の有無が不貞行為であるかの判断になります。ですので、法律においてはプラトニックラブは不貞行為にあたりません。

しかし、「夫(妻)との性行為を拒み続ける」「生活費を相手につぎ込む」などがあれば、民法に記載されている「婚姻を継続し難い重大な事由」に該当する可能性があるので、その場合は裁判に訴えられた場合、負けることになります。

裁判で負ければ、慰謝料を請求される。子どもがいる場合には、養育費や親権が請求されるなど、とても不利な状況で離婚されることになります。要は、円満離婚ではない離婚を迎える、ということです。

不貞行為があると思われるが、証拠がないので証明できない。

たいていの場合、不貞行為はラブホテル、シティーホテルなど密室で行われることが多いです。そのため、不貞行為の事実を証明するのは難しいのです。

そこで、細かな証拠をかき集めて、言い逃れできない状況をつくる必要があります。

僕個人の経験ですが、妻が不倫を行っていると確信したとき、妻は「不倫なんてしていない」とシラを切られました。しかし細かな証拠を見せ、「もう言い逃れでいないぞ!」という状況をつくり、不倫の事実を認めさせました。当時の僕は、離婚ではなく、やり直しするために、そして不倫相手を排除するために、必死の行動を行っていました。

そのことについては、以下のリンク先より本サイトの「不倫克服記」を読んでみてください。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール