ホーム » 不倫撲滅!泣き寝入りしない » 妻・夫に絶望感、家族を捨てて一人になりたいときにやってはいけないこと
不仲な夫婦

妻・夫に絶望感、家族を捨てて一人になりたいときにやってはいけないこと

人が不倫に走る経緯は、2つあります。

ひとつは浮気性。

浮気性というのはどうも治りづらいようで、いくら惚れ込もうが、いくら反省しようが、また時が経てば繰り返してしまうのです。これはもう自分の意思を超えた、気質や遺伝子のように思えるほどです。

浮気性は、略奪愛された経験のある方にも潜んでいると、僕は考えています。なぜなら自分自身の経験から、彼氏がいるのにも関わらず惚れてしまい、自分の彼女にしたことがあります。しばらくは勝利の美酒に酔うことができましたが、数年後、「好きな人が出来ました。ごめんなさい!」と突然の別れを告げられました。

略奪愛をされやすい人も、広義で浮気性と言えるでしょう。

■関連記事
乗り換え、ふた股。略奪愛で得た恋人は、いずれ略奪される(浮気をする)

今回の記事は、不倫に走る経緯の2つ目についてお伝えします。

妻・夫に絶望感。家族を捨てて一人になりたい

家族を捨てて一人になりたくなる瞬間

  • 夫に笑顔を見せてくれていた妻が、今は無表情
  • 夫に関心があった妻が、今は無関心
  • 夫の前で、ため息をつく妻
新婚当初や結婚してしばらくは、仲睦まじかった夫婦でも、いつしか心に距離が開いてしまうことがあります。これは、夫と妻を逆にしても同じです。

その理由は様々です。

経済的な問題かもしれないし、育児・子育てが発端かもしれない。また、義理の父・母との折り合いが悪いという外因もあるでしょう。

とにかく、パートナーからの思いやりが激減することで、「こんなに辛いのなら、家族を捨てて出て行きたい」「一人になってもう一度人生をやり直したい」などの気持ちが脳裏をよぎることが往々にしてあります。

離婚を踏みとどまるために、不倫

でも、突発的に家族を捨てて出て行ったり、離婚を決断したりすることは、実際はあまりないでしょう。その前に、現状に絶望感を抱きつつも、現実逃避をはかると思います。

  • 気の合う友人と、飲みに行く
  • 趣味やスポーツに没頭する
  • 一人の時間をつくる

こうした軽い現実逃避なら良いのです。むしろ健全な夫婦関係を維持するために、一時の開放感は必要です。

でも、現実逃避の選択肢に「不倫」を選んでしまうこともあります。男性も女性も、人肌恋しさや性欲があります。そうした満たされない気持ちから、別の異性を求めてしまうのです。

不倫は良くない行為です。

しかし絶望感から、離婚に至らないよう踏みとどまるために、不倫をすることがあります。これが、不倫に走る経緯の2つ目です。

不倫はストレス解消にはならない

先に事例として出した、「飲みに行く」「趣味に没頭」「一人の時間を作る」と言ったことは、ストレス発散になります。

さらに、自分自身を客観視する機会にもなります。「やっぱり家族は大切だな」「俺にも悪いとことがあったな」「一度話し合ってみよう」など、自分自身を含む家族を俯瞰することができるようになるのです。

しかし、不倫は違います。

不倫には相手がいます。当初は、妻や夫の愚痴を聞かされていたでしょう。しかし、そのうちに「やっぱり家族は大切だった」と言われても、納得がいきません。ここで揉めるのです。

家族とは上手くいかない、不倫相手とも上手くいかない。結果、ストレスが増大してしまいます。

不倫は、開放感が得られたり、承認欲求が満たされたりしますが、それは一時的なものでしかありません。

夫婦の会話の大切さ

夫婦関係が険悪になったとき。

ここですべきなのは「夫婦の会話」です。

業務連絡のような伝言ではありません。夫婦で向かい合って、しっかりと話をするのです。

「突然、妻・夫と真面目な話なんでやりずらいよ」

そう躊躇してしまうこともあるでしょう。そんな場合は、夫婦でランチに行ったり、お出かけしたりなど、夫婦ふたりの時間を設けるのです。いきなり誘うのが難しければ、LINEなどで「今度の週末、〇〇見に行かない?」と誘ってみても良いでしょう。

とにかく、夫婦の会話の時間を作ることが、何よりも大切です。相手のことを「嫌だ」「好きじゃない」と思っていて、その上会話まで疎遠になれば、より夫婦関係の溝は広まります。また、不満が言葉にしないと伝わらないし、嫌な態度も理由を聞かないとわかりません。

大切なことをまとめると、以下の手順になります。

険悪な夫婦関係から、良い夫婦関係に変える手順

  1. 「飲みに行く」「趣味に没頭」「一人の時間を作る」など、軽い現実逃避で自分自身を客観視する
  2. 夫婦の会話の時間を作る

会話は相手を批判するためにするのではなく、相手の気持ちを聞き、自分の気持ちを聞くために話をします。口論が予想される場合が、事前に「今日は喧嘩は無しで」と決めておくと良いでしょう。

不倫の一部は未然に防ぐことができます。

不倫はしないに越したことは無いのですから。

筆者: 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール