Home » コラム » 妊娠中、旦那の浮気が発覚!「離婚する」「別れない」それぞれの対処法
妊娠中に浮気発覚!「離婚を選ぶ」「別れない」それぞれの対処法。

妊娠中、旦那の浮気が発覚!「離婚する」「別れない」それぞれの対処法

実際の弁護士さんが、あらゆるトラブルについて解説してくれるサイト「弁護士ドットコム」に、『妊娠中に「夫の浮気」が発覚、妻はどんな請求ができるか?』といった記事が掲載されていました。

具体的には、こういう状況です。

妊娠中に、旦那の浮気が発覚!

夫「責任をとって別れたい」

妻「別れることは、責任を取ることにならない」

夫「じゃあこれから、何事もなかったかのようにしよう」

妻「・・・・・(うーん)」

離婚するのか?夫婦関係を継続するのか?

旦那さん、相当ズルいですよね。まず、奥さんの妊娠中に浮気。そして「これから生まれて来る赤ちゃんの為に別れられない」という弱みに付け込んで、自分の非をうまく言いくるめています。

ここで弁護士先生からのアドバイス。

<『離婚しない』を選択する場合>
・夫に一筆、「誓約書」を書いてもらう。(不倫はしない。離婚になった場合は慰謝料は○○○万円など)
<『離婚する』を選択する場合>
・子供の親権、養育費、財産分与、慰謝料を請求。

もちろん様々な夫婦があるので一概には言えませんが、「じゃぁ、何もなかったことに」なんて言う旦那に対しては、これくらいビシッとした態度で挑んだ方が良いように思います。「じゃぁ、何もなかったことに」なんて要求をのんだら、舐められるだけで、今度また浮気したり、奥さんをないがしろにしたりする可能性はあるでしょう。

妊娠中の浮気というのは、案外よく聞きますが、お互いがお互いを支え合って、生まれて来る赤ちゃんをふたりで見守ってあげたいもんです。

不倫発覚後の「誓約書」について。

僕は、妻の浮気が発覚した際、「不倫相手とは別れる」と念書を書いてもらいました。

これは約束を交わしたことになるに加え、不倫していた事実を書面で認めたことになります。今後、この不倫が原因で家庭崩壊に繋がった場合、確実ではありませんが「不貞の証拠」を手に持っていることになるのです。

ただ、僕の場合は笑えるほど、ごく簡単な「念書」でしたが。

 

<誓約書の書き方>

あまり細かさにこだわると、「離婚せずにやりなおしたい」という願いが、ちょっと別な方向へ行ってしまいかねないので、今後への抑止力として、基本部分のみ押さえておけば良いと思います。

誓約書(もしくは念書)

○○ △△△様(浮気された側)の名前

 

私、○○ ▲▲▲(浮気した本人)は、××との不倫関係の一切を辞めることを約束します。

また、将来においても不倫いたしません。もし、私が不倫をした場合、慰謝料○○○○万円、及び子どもが成人するまでのあいだの養育費毎月○○万円を、△△△に支払うことを約束します。

 

20××年x月x日
○○ ▲▲▲(浮気した本人)+ 捺印

 

これにより、水面下での不倫が行われることも懸念しておかないといけません。

なによりも、夫婦関係の円満を目指し、愛情を取り戻すように努力してください。

もう一度ベストカップルを始めよう (フェニックスシリーズ)

もう一度ベストカップルを始めよう (フェニックスシリーズ)

  • 作者:ジャニス・エイブラムズ・スプリング,マイケル・スプリング
  • 出版社:パンローリング
  • 発売日: 2012-12-08

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール