Home » 不倫克復記 » 妻から離婚の申し出、理由は「冷めた」のみ。……倦怠期じゃないよな
体験日記 第一部

妻から離婚の申し出、理由は「冷めた」のみ。……倦怠期じゃないよな

第一部 <謎の異変「体調不良」>(2)- 2004年9月

無気力な妻に元気になってもらおうと努力しても、一向に以前のような明るい笑顔は見れず。「友達と会う」と言って出かけた時は、逆に生き生きと帰って来る。

なぜ?
ただただ、心配の日々が続きました。

しかし、桜子の『行動』と、桜子が言う『体調不良』。もうたまらず、「どういう事か?」と問いつめました。

桜子から出た一言は……

「気持ちが離れた」。

アタマの中が真っ白になりました。

その時の感情は、悲しみだったのか、怒りだったのか……。

 

それから毎晩のように深夜まで話し合いました。一体何があったんだろう? 桜子の中で何が起きているんだろう? 心の病なのか? それとも、これが倦怠期というものなのか?

結論の出ない話し合いが続き、いつまでも平行線。お互い疲れ切って行きました。

そんな生活から2週間が過ぎた頃、遂に桜子から「離婚したい」と申し出がありました。

どうして……? つい先月まで愛し合ってたじゃないか。

理由を聞いても「冷めた」と答えるだけ。

その時の妻は、なぜか冷静に見えました。「好きになるのに理由が無いように、冷めるのにも理由は無いの。しょうがない」と。

僕は思いがけない告白にショックを受け、「なんとかやり直したい」と必死で訴えました。

 

少し話は脱線しますが、自分の父の話をします。ちょうどこんな時期に、僕の父が還暦を迎えました。すごく優しい父なので、きちんとお祝いをしたかったのです。父へのプレゼントを用意し、食事に誘いました。

僕は『妻と原因不明の不仲。しかも離婚を申し出られている』といった心中を悟られ心配されたくなく、無理矢理妻の桜子を連れ、夫婦で父を祝いに行きました。

仮面夫婦からのお祝い。心から祝えていない親不孝な自分。辛い……。

 

(次回へ続く)→ 疑心暗鬼。まさか妻は不倫をしているのか?

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール