Home » 不倫克復記 » 不倫相手を排除するも、妻から「実家へ戻りたい」と別居の申し出。
不倫相手を排除するも、妻から「実家へ戻りたい」と別居の申し出。

不倫相手を排除するも、妻から「実家へ戻りたい」と別居の申し出。

第三部 <不倫相手との話し合い>(18)- 2005年2月

桜子の不倫相手、佐伯との話し合いが終わった。

今夜はもう妻とは話したくない気分だった。
佐伯との話し合いは穏やかに済んだとはいえ、相当な労力だったのだろう。
とにかく、今夜はもう誰とも話したくなかった。

今、僕の気持ちは妙に落ち着いている。
今日はぐっすり眠れるかもしれないな。

自宅へは深夜0時過ぎに帰った。

妻は起きて待っていた。
どうやら、察したというより、佐伯より連絡があったんだろう。

妻から「別居したい。実家に戻る」と言われた。

これから僕は再構築、妻とのやり直しに尽力したいのだ。
その矢先に別居とは。

僕の口が重くなる。
空気も重く張りつめた。

「今、佐伯のところへ行って来た。桜子と別れてくれと伝え、佐伯は了承したよ」
ようやく口を開き、妻にそう言った。

妻はうつむいたまま、小さくうなずいた。

「今、俺も桜子も冷静な判断はできないだろう。別居の話は考えるが、すぐに返事はしない」。口調を強め、そう伝えた。

再構築はうまく行くだろうか。ここからひとつひとつの選択が、のちの展開に大きく響いて来るだろう。今ここで「佐伯は浮気を認めたぞ!コラ、お前も何とか言ってみろ!」なんて過激に行けば、完全なる《覆水盆に返らず》状態になってしまう。妻の口から別居という話が今出たが、結構な程度にまで更地化する必要はあると思う。どうやって行くべきか。

妻へは、佐伯と話したことについて、話すだけに留めておいた。

桜子と不倫をしていたと認めたこと。
桜子と別れて欲しいと伝えたこと。
佐伯自身の家族を大切にして欲しいと伝えたこと。
そして、佐伯がキチンと僕の話を聞いてくれたこと。

不倫相手との最初の折衝。そんな一日を終えた。
明日は良い日が来ると願って。

 

(次回へ続く)→ 最悪な幕開け。妻の不倫からの再構築第一歩目。

 

自分の実体験を振り返りながら「体験日記」として連載しています。途中のページからアクセス頂いた方は、ぜひ最初の記事からお読みください。
結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

About 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール