街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のベテランにガチ取材しました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のベテランにガチ取材しました
離婚や不倫など、男女のもつれで刃物所持は厳禁!銃刀法違反で逆に逮捕される。

男女の喧嘩で包丁を出したら銃刀法違反、自分が死ぬつもりでも逮捕

夫婦や恋人など男女間でのトラブルは、自分が思っている以上に、怒りが加速してしまう場合があります。

僕も、妻の不倫が発覚し不倫相手の家へ怒鳴り込みにいった際は、警察沙汰になりました。怒りが沸点に達し、まさに冷静さを欠く状態。「どうにでもなれ!」と、怒りに身を任せてしまうのです。

刃物を所持すると軽犯罪、取り出すと銃刀法違反で逮捕

男女の揉め事は民事問題です。仮に警察を呼んでも、逮捕してもらうことはできません。話し合いで和解したり、裁判で解決する必要があるのです。

しかし、もしそこに暴力があれば刑事事件へとなり、警察に逮捕される事となります。また、包丁やナイフなどの刃物や銃といった凶器をチラつかせたり、振り回していたりしていたら、銃刀法違反で刑事事件として逮捕されます。仮にそれらを隠し持っているだけだとしても、軽犯罪法として取り締まりの対象となります。

ちなみに現行犯逮捕は、目の前で犯罪が起きているので逮捕状は不要。しかも、現行犯逮捕は警察や検察官でない一般人(市民)でも逮捕が可能です。

男女の痴話げんかには、絶対に刃物などの凶器を持って行っては行けません!

自分が死ぬつもりで刃物を所持していても逮捕

こんな事件がありました。

路上で包丁を所持していたとして、大阪府警交野署は13日、銃刀法違反容疑で、同府寝屋川市の市立小の女性教諭(33)=同市=を現行犯逮捕したと発表した。同署によると「男女トラブルがあり、うまくいかなければ手首を切って死ぬつもりだった」などと供述している。

逮捕容疑は12日午前10時10分ごろ、同府交野市の路上で、包丁1本(刃渡り14・5センチ)を所持していたとしている。

同署によると、女性教諭は直前、同市の知人男性方を訪れ、男性と話し合いをしている中で包丁を突然取り出したという。直後に男性が包丁を取り上げた。けが人はなかった。男性の妻が交野署に通報し、駆けつけた署員が路上で取り押さえた。

「男女関係のもつれがあった」…包丁所持容疑、小学校の33歳女性教諭を現行犯逮捕 大阪・交野:産経WESTより

ニュース記事には書かれていませんが、男性の妻ということは、ふたりは不倫関係にあったと言うことでしょう。民事の問題であったことが、相手を傷つけるつもりはなくても、刃物を取り出したことで警察に逮捕されました。

もしかしたら、女性教諭は独身だと騙されていたのかもしれませんが、真相はわかりません。

重ね重ねになりますが、男女間のトラブルでは、決して暴力や凶器を持ち出さないようくれぐれも気を付けてください。

不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ

筆者: マコト(篠原誠)

パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/
【無料診断付】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/