街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のベテランにガチ取材しました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のベテランにガチ取材しました
水内貴士のTwitterアカウント(SNS)

大阪府警の現職警察官・水内貴士による身勝手な犯行。Facebookで既婚者だと知られ、不倫をバラすと言われ殺害

大阪の現職警察官が、不倫相手(独身女性)を口封じのために殺害するという事件が起きました。

犯行に及んだのは、大阪府警察巡査長の水内貴士みずうちたかし(事件当時26歳)。現役の警察官が殺人という衝撃的に加え、犯行に至るまでがあまりに身勝手で凶悪だったため、日本中を震撼させています。

テレビや新聞、ネットニュースなどでは、このニュースが何度も報道されました。

  • 既婚者であることを、相手女性に隠して不倫
  • 相手女性から何度も「別れたい」と言われるが、それを拒否
  • 女性に既婚者であることがバレ、職場や家庭にバラされるのを恐れて殺害

出会いから殺害までの経緯

出会いから殺害・逮捕まで、およそ1年8ヶ月。

経緯は以下のとおりです。

【2013年5月】大学生の女性と二股交際

水内貴士は震災復興支援のため東北へ出向。仙台市でおこなわれた「街コン」を通じて、当時大学生だった白田光しらたひかるさんと出会い、交際に発展しました。

この時、すでに今の妻と交際をしており二股

白田光さんは彼氏ができたのが嬉しくて、実家にも報告。

【2014年4月】大学を卒業した彼女、彼氏の暮らす街で就職

東北の出向を終えて大阪に戻る水内貴士に合わせ、白田光さんは大阪市東住吉区のがん治療の拠点病院にソーシャルワーカーとして就職。

祖母と母をがんで失った経験から「一人でも多くの患者や、その家族の力になりたい」との想いで、恋の悩みを抱えながら猛勉強をした。

【2014年8月】二股のまま結婚(浮気を隠して)

水内貴士は別の女性と結婚。結婚した事実を伏せたまま、白田光さんと交際を続けた。

【2014年年末】何度も「別れたい」と伝えるが、別れてもらえない

白田光さんは水内貴士を追って大阪に引っ越したにも関わらず、水内貴士の住所を教えてもらえず、会えるのも2ヶ月に1度程度。

2014年末までに3度、白田光さんは水内貴士に『別れ話』をするが、別れてもらえなかった。「俺のこと好きやろ。別れられないやろ」などと言われたという。

【2015年1月21日】Facebookで既婚がバレる

白田光さんが友人に、「水内貴士が既婚者であるのをFacebookで知ってしまった」と告白。心労が溜まっている様子だったという。

【2015年1月24日午前】3日後、口封じのため殺害

その3日後、白田光さんが自宅で水内貴士に殺害された。

同日、死亡している白田光さんが発見。

【2015年1月25日】殺人容疑で逮捕

水内貴士、殺人容疑で逮捕

職場に不倫の事実をバラすと言われ、計画的に殺害

白田光さん(当時23歳)は、水内貴士に「既婚者であることを知ってしまった」と伝え、口論に。

「あなたの職場(大阪府警)に不倫の事実を伝える」

という白田光さんの言葉に、水内貴士は口封じのため殺害を決意しました。

 

水内貴士は、白田光さんの自宅を訪問し、用意していたベルトで背後から絞殺。白田光さんは水を張った風呂場で発見されました。ここから、首を絞めたあと確実に殺そうとした様子がうかがえます。

さらに、白田光さんのスマートフォンが電子レンジの中から焦げた状態で見つかったとのこと。また、水内が白田光さんのマンションに出入りする様子は監視カメラに残っており、入る際はフードを頭からかぶってエレベーターで部屋まで上がり、帰りはさらにもう一枚羽織って非常階段から外に出ている。

計画的な犯行で、証拠隠滅を図ろうとしたのだろう。

 

殺害直後、水内貴士は朝9時半から警察署での剣道の練習に参加していたとのこと。最初は殺害を否認していたが、翌日「カッとなって殺した」と自供した。

 

治安をまもるべきはずの警察官でありながら、これほどまでに身勝手で凶悪な恐ろしい犯行。なぜこのような者が警察官であったのか。原因をしっかりと究明してもらいたい。

 

あまりにも悲しい死にいたった白田光さんに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

【追記】懲役18年 性欲のはけ口と考え、おもちゃを捨てるようにして殺した

その後の裁判で、水内貴士は殺人罪で懲役18年確定し、現在刑務所に収監されれいます。

裁判では、「なぜ白田さんに交際を申し込んだのか。性行為をしやすいからか」と検察官に問われ、水内貴士は「そうですね」とあっり応えたとのこと。

「被告は光のことを性欲のはけ口と考えていた。邪魔になると、おもちゃを捨てるようにして殺した」(父・56歳)

「光は都合のいい、どうでもいい女だったのか」(姉・29歳)

遺族の陳述も悲痛だったという。

 

事件からおよそ、1年11ヶ月。

大阪府警幹部・奥野省吾警務部長らが、白田さんの実家を初めて訪問し、遺族に謝罪した。現職の警察官が命を奪ったことや、訪問が遅れたことなどを。

参考記事

関連リンク

不倫・浮気をする人はサイコパス!? 特徴チェックリスト

不倫経験者は信用できない! 信頼してはいけない理由をお伝えします

高知県警察本部、警察官4人が不倫で処分。女性巡査が3股!?

 

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に取材、不倫解決の注意点は?
\今すぐ読む/
【無料診断付き】探偵に取材、不倫解決の注意点は?
\今すぐ読む/