Check!
ホーム » 不倫問題とたたかう用語集 » ロミオとジュリエット効果とは?
不倫問題と戦う「用語集」 知識武装が大切です

ロミオとジュリエット効果とは?

ロミオとジュリエット効果の意味

恋愛関係にある二人の間に、何らかの障害があった方がそれを乗り越えようとして恋愛感情が高まる心理現象のこと。

アメリカの心理学者リチャード・ドリスコールが、キース・デイビスとミルトン・リペッツとともに、既婚および未婚の140組のカップル対象に調査を行い、1972年に本効果についての研究結果を発表した。親の干渉があるカップルの間でロマンチックな愛の感情を強めている可能性がある、と示唆している。

ロミオとジュリエット効果(Romeo and Juliet effect)は、その名の通り、イングランドの劇作家ウィリアム・シェイクスピアの戯曲「ロミオとジュリエット」にちなんで命名された。

ロミオとジュリエット効果、長期的には効果無し?

その後、他の研究者によって同様の調査が行われたが、「ロミオとジュリエット効果については懐疑的である」というのが近年の結論となっている。

親が恋愛関係を承認している場合、その恋人関係の安定性と期間を大幅に向上させるが、親が不承認の場合は、カップルは疲れ果ててしまい、関係が長期間継続しないという。

短期的には「ロミオとジュリエット効果」はあると言えるが、長期的な効果はほとんど無さそうだ。

【私感】不倫関係における、ロミオとジュリエット効果

ここからは筆者の個人的な意見になるが、不倫関係においても「ロミオとジュリエット効果」は、「短期的にはあるが、長期的には無い」と考えている。

私の妻が職場の上司とダブル不倫をしていた際、発覚時、私は双方のあいだに立ち、別れさせた。相手の男に「妻とは別れてほしい。人には間違いがあるので、今回のことはこれ以上責めない。あなたは自分自身の妻とお子さん達を大切にしてほしい」と伝えた。妻の上司であり不倫相手の男は、丁寧に頭を下げて謝罪。しかしその後、あろうことか二人の関係性が増してしまい、不倫関係を燃え上がらせてしまったのだ。

約束を反故にされた私は、激怒した。

結果、その男は「このままでは僕は家族を守れない」と、すごすごと退散してしまったのだ。

まさに、ロミオとジュリエット効果は短期的にはあるが、長期的には無いと言える事例だろう。

皆さんの中でも、浮気をされた・した経験がある方、同様の展開になってしまった方は多いのではないだろうか。

「ロミオとジュリエット効果」関連ワード

「ロミオとジュリエット効果」関連記事

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール