Check!
ホーム » 不倫問題とたたかう用語集 » 婚外とは? 不倫・浮気の用語をわかりやすく解説
不倫問題と戦う「用語集」 知識武装が大切です

婚外とは? 不倫・浮気の用語をわかりやすく解説

婚外の意味

婚外こんがいは、不貞行為のこと。不倫をする者などが、罪悪感を減らしたり、正当化したり、美化するために使用する。

2002年、テレビ朝日で放映されたドラマ「婚外恋愛」が、本用語を一般に広めたきっかけ。ドラマの脚本は、「ラブジェネレーション」「純情きらり」「ごめん、愛してる」など話題作を書いた脚本家・浅野妙子。キャストは、永作博美、堺雅人、根津甚八、釈由美子ほか。

婚外の用例

「家族は大事なので。妻とは別れる気はないよ。あくまで婚外だから」

「妊活中なので婚外は控えています」

【関連語】婚外性交渉、婚外恋愛、婚外活動、婚外子とは

  • 婚外性交渉とは】 既婚者が配偶者(妻・夫)以外とセックスをすること。つまり不貞行為。姦通かんつうとも言う
  • 婚外恋愛とは】 既婚者が配偶者(妻・夫)以外と恋愛をすること。つまり不倫。
  • 婚外活動とは】 既婚者が配偶者(妻・夫)以外のパートナーを求めたり、恋愛をしたりすること。
  • 婚外子とは】 婚姻届を出していない男女間に生まれた子どものこと。非嫡出子ひちゃくしゅつしとも言う。

「婚外なので、お互いの家庭は壊さない」に隠された嘘

婚外には「自分は既婚者である」という意味が含まれているため、「お互いの家庭は壊さない」という暗黙の了解がある場合がある。

しかし、これは現実的ではない。

不倫、不貞行為は、民法第709条・第770条などに抵触する違法行為。配偶者に不倫が知られれば、夫婦関係の崩壊、さらに家庭崩壊へとつながる恐れは十分にある。

さらに、配偶者からは慰謝料請求、離婚の申し出、財産分与の請求、親権の請求、子どもの養育費の請求などへと発展する恐れがある。また、社会的制裁からも免れないだろう。そのため、「お互いの家庭は壊さない」という約束はまったくの幻想であると言える。

「婚外」関連ワード

「婚外」関連記事

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール