Home » コラム » 【不倫中の男性(夫)へ】あなたが妻に与える予想外の悲劇
不倫をしている男性(夫)へ。あなたが妻に与える予想外の悲劇。

【不倫中の男性(夫)へ】あなたが妻に与える予想外の悲劇

このサイトを運営する私 [篠原誠] は、妻に不倫をされた経験がある男です。2年4ヶ月、妻の不倫問題と戦い、とても苦しい経験をしました。今や、不倫をする主婦が増えている時代です。僕と同じように、苦悩する男性は世に大勢いることでしょう。

しかし一般的には、男性の方が浮気をする機会が多く、パートナーの不倫に悩む大半は女性(妻)です。

今回は、本サイトとしては珍しく『浮気をする男性へ』向けて書きます

【男性へ】なぜ、浮気をはじめたのですか?

新婚当時の仲が良かった夫婦。

今、不倫をしている男性へお聞きします。

「なぜ、浮気をはじめたのですか?」

 

夫婦関係に刺激がなくなって、マンネリが原因ですか?

結婚して、出産して、妻が母になってしまったからですか?

奥さんがあなたをかまってくれない寂しさからですか?

そもそもあなたが浮気性だからですか?

種をバラまくのは男の本性だからですか?

結婚後に運命の出会いをしてしまったからですか?

 

浮気をはじめる切っ掛けは、人それぞれでしょう。しかし、そんなあなたも結婚当初は「こいつと幸せな家庭を築こう!」と決意したのではないでしょうか。自分の決意を、不倫というチンケな理由で自らぶち壊す。

どんな理由であれ、まずは自分自身を「つまらない男である」と、認識してください。

夫の不倫が、妻に与える予想外の悲劇

浮気をする卑劣な男

不倫をしているあなたには、「妻に隠れて不倫をしている」という罪の意識が多少あると思います。しかしそれがバレた際、妻は「夫に不倫をされた」という被害を受けるだけでは済みません。

なぜなら、あなたが不倫をしている間、妻はきっとあなたのおかしな様子に気づき「どうして?」と心に疑心暗鬼が生まれ、精神的に穏やかでない日々を過ごしているからです。原因がはっきりしない不安は、じわじわと心身を浸食し、妻に深いダメージを与えて行きます。

そして、あなたの不倫が発覚したとき……。

夫が不倫をしていたというショックと、夫に裏切られたというショック。心も身体も弱っているところに「Wのショック」が襲いかかるのです。

それは、怒り、悲しみ、不安など、ネガティブな要素をたっぷり含んだ津波のような衝撃となり、妻に襲いかかります。

あたなの不倫は、あなたの想像を遥かに超え、妻に瀕死のダメージを与えます。

百歩譲って、浮気をしても許される男とは

経済的不安で離婚に踏み切れない。

不倫の破壊力は相当なもの。

絶対に不倫はすべきではないのですが、100歩譲って浮気をしても良いと思われる男性が居るとするならば、それは甲斐性のある男です。

あなたに雑に扱われてボロボロになった妻が離婚を決断した場合、もしあなたに甲斐性があれば、奥さんは「将来の不安」を多少は取り除くことができます。

この場合の甲斐性とは「お金」です。

財力があれば、離婚を決意した奥さんに「慰謝料」、場合によっては「養育費」を充分に分け与えることが出来ます。

心の痛みを癒すのには相当な時間が必要かとは思いますが、将来の経済的な生活不安が緩和されれば、ほんの少しは緩和されるでしょう。

不倫で離婚裁判を起こした場合、慰謝料の相場は200万円〜300万円と言われていますが、それでは経済的不安は解消されません。新しい生活をはじめる為の資金、そして当面の生活費が必要です。最低でも500万円、できれば1,000万円以上が望ましいでしょう。

また、養育費は、子供一人当たり毎月2万円〜6万円が相場ですが、これだと本当にギリギリの額ですので、毎月10万円以上が望ましいでしょう。

ただし、これで緩和できるのは経済的な不安のみで、不倫が与えるダメージが大きいことには変わりありません。

DV夫「お前は俺がいないと生活できない」と言葉の暴力

最も卑怯な男とは。

妻が抱えるであろう「経済的不安」を逆手にとって、「お前は俺がいないと生活できないだろう!」と傲慢な態度にでる男です。こんな開き直りは「本当につまらない男である」どころではありません。人として最低最悪な「卑劣男」と認識を改めて下さい。

さらに、そういった傲慢な男は、言葉の暴力、手をあげる本当の暴力が出てくるのも時間の問題です。そうなれば、あなたはDV夫です。

DV(ドメスティック・バイオレンス)は、家庭内の問題なので「犯罪では無い」と思っている方もいるでしょう。しかし、それは「DV防止法」という法律に基づく犯罪です。裁判所から接近禁止命令や退去命令を受け、妻や子供と会ったり、周辺を徘徊することを禁じられます。

【男性向け】不倫中の旦那さんへ

不倫は禁断の愛。不倫中のあなたは、許されない恋に酔っているかもしれません。しかし、傍目からみれば、非常に卑劣で気持ち悪い存在の可能性あります。

「何が本当に大切なのか?」。

あなたの人生を、一生というスパンで捉えて、何が大切なのかをもう一度大きな視点で考え直してください。

離婚した元夫がアドバイス。迷ったら常に「妻への愛」を選ぶべし。
 このまま突き進んでしまって良いんですか? ちょっと立ち止まって冷静になってみてください。

不貞行為(肉体関係)が無くても不倫になる、裁判所の判決とは?
プラトニックな関係でも不倫の判決。失うものは妻と財産だけではありませんよ。

【女性向け】夫の不倫やDVに悩む奥さんへ

追いつめられた時は逃げてください。

私はどうしようもできない……。そのままでは鬱病など精神的な病気になってしまいます。「逃げる」も、ひとつの選択肢です。

■「DV相談ナビ」について

配偶者等からの暴力に悩んでいるが、どこに相談したらよいかわからないという方を、支援に関する情報等を入手できるよう相談機関につなぐため、全国共通ダイヤル(0570-0-55210)から、自動音声により、最寄りの相談窓口を案内する電話番号案内サービスを提供しています。

さらに、平成22年2月22日からは、案内された相談窓口の中から希望する相談窓口に電話を転送し、直接相談を受けることができるサービスを開始しました。一人で悩まずにご相談ください。

全国統一ダイヤル 0570-0-55210(ここにでんわ)

内閣府男女共同参画局より

クソくらえ!妻の不倫で再構築を誓い、失ったもの、得たもの。
これは僕自身の記録です。妻の不倫で数年間、悩み、戦いました。

DJあおい「いつまでも辛い思いを引きずる人の傾向」。トラウマを消すには。
いつまでも辛い気持ちが無くならない方へ、早く忘れたい方へ。

筆者: 篠原 誠

篠原 誠
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【クリック】→ このサイトについて / プロフィール