街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました
W不倫の末、元プロボクサー夫に局部切断された和田正弁護士。極悪不倫妻と間男への怒りと、哀れな夫への同情。
画像参照元:事件に使われた枝切りハサミではありません。イメージ画像です。

弁護士・和田正、W不倫の末、元プロボクサーの夫・小番一騎に局部切断される

ダブル不倫に端を発した、弁護士局部切断事件。

散々ニュースで話題になったので、ご存知の方も多いでしょう。

この事件に関して、多くの方は、妻の不倫相手の男性の局部切断を行った夫への恐ろしさを感じていると思います。しかし僕は、この事件の容疑者と同じく、妻に不倫された経験がある身です。そのため、世間とは違い、容疑者に同情する気持ちの方が圧倒的に強いです。

今回に記事では、そのあたりについて書きたいと思いますが、まずはその前に事件の経緯を振り返ってみます。

弁護士・和田正、不倫の経緯

2012年(平成24年)

  • 6月:小番一騎(元プロボクサー)と妻が結婚
2014年(平成26年)

  • 5月:妻、弁護士・和田正の事務所で勤務開始
  • 12月:会食 → 初めての性交(不倫)

*勤務から7ヶ月目、結婚から2年6ヶ月目に不倫がはじまる。

2015年(平成27年)

  • 1月:セーラー服コスプレカラオケ 、ラブホテル、 2度目の性交
  • 2月:妻、弁護士・和田正にバレンタインチョコを贈る
  • 3月:そば屋 → ホテルで4回目の性交
  • 5月:弁護士・和田正、小番一騎の妻に4万円のネックレスを贈る
  • 7月:高尾山へ小旅行 → ブルマ コスプレカラオケ → 6度目の性交

*コスプレやプレゼントなど、双方で盛り上がりながら不倫を楽しんでいる様子がうかがえる。

妻、「上司からセクハラを受けている」と夫に告白

裁判での冒頭陳述を見ると、事件発生までの様子が伺えます。

どうやら妻は「不倫相手より、やはり夫の方が良い」と考えたようで、不倫相手である弁護士・和田正へは「別れたい」と告げ、夫には「勤務先の上司からセクハラを受けている」と相談をしました。

本来は不倫であるにも関わらず、夫に嘘をついたのです。

夫は警察へ被害届を出そうとしますが、妻から「ネックレスをもらったので、拒みきれなかったという負い目がある。強姦にはならないと思う」と言われ、被害届を断念。

そこで、妻を寝取った復讐としての、私刑を計画・実行したのです。

同年 2015年(平成27年)

  • 8月:妻、弁護士・和田正へ「キスはやめましょう」と伝える
  • 8月:妻、夫・小番一騎へセクハラに悩んでいると相談「2度肉体関係を持った」
  • 8月3日:妻は弁護士事務所へ辞職願。弁護士は「不倫しないから続けて」
  • 8月8日:小番容疑者は被害届検討も、証拠なく断念
  • 8月10日:包丁と枝切ばさみを購入
  • 8月12日:台本作成
  • 8月13日:犯行

*妻からの相談(告白)を受け、2週間弱で計画的犯行に及ぶ。

夫・小番一騎、弁護士・和田正の局部を切断

夫・小番一騎は、妻を連れて弁護士・和田正の元を訪ねます。

そこで、セクハラの事実を問い詰めると、「肉体関係を持ったのは事実だ」と謝罪されるが、「無理やりという認識はない」と答えた。

その言葉に、夫は激昂。

弁護士・和田正を数発殴り、持ってきた枝切りばさみで、弁護士の局部を切断した。妻の目の前で。

そして、切り取った局部はトイレに流した。切り取ったのは、陰茎(ペニス)と陰嚢(ふくろ)部分と言われている。

 

後に、事件前、妻が友人に「(夫に)論点をずらして話したら、仲直り出来たよ(笑)」とメールしていたことがわかったそうです。

要は、妻は自分自身の不倫を隠すため、そして不倫相手と縁を切るために『夫に嘘の告白』をしたということです。夫は、妻の言葉を信じて、警察への被害届を検討し、その後、犯行を及ぶに至ってしまったのです……。

弁護士・和田正は、既婚で子持ち、という噂

局部を切り取られた弁護士・和田正のプロフィールは、彼が所属するみなと協和法律事務所のサイトの掲載されています(http://www.minato-kyowa.jp/lawyers/wada.html)。

ここには実績、専門分野、連絡先などが書かれているだけですが、ネットの情報によると、

  • 1973年生まれ(事件発生時は41〜42歳)
  • 既婚者
  • 4人の子供がいる

と、噂されています。

自分自身、家族がある立場でもありながら、部下の既婚女性に手をつける、という卑劣な行為をしていた訳です。

哀れな夫、小番一騎容疑者に共感。犯行以外は……。

この事件、夫は、妻を守ろうとした訳です。

職場でパワハラ、セクハラの両方を駆使して、妻を寝とった上司から。

その点に関しては、とても同情します。妻は「夫に論点をずらして話したら……」なんて、とても甘っちょろい幼い考えですが、妻を寝取られた夫としては、怒りが沸点に達するのは当然のこです。

本当にひどい目にあったと思います。

私事ですが、僕も、妻が職場の上司(既婚で子持ち)と不倫していた、という事実に直面したことがあります。同じように怒り狂いました。しかし、相手宅への怒鳴り込み、土下座、警察通報などの展開にはなりましたが、手は出しませんでした。なんとか必死で自制したのです。

そう、必死で自制しないといけないほどの心境に追い込まれるのです。

元プロボクサーの夫、やはり犯行は踏みとどまるべきでした。相手が弁護士であれば、私刑を行わなくても、十分社会的制裁を加えることはできたでしょう。慰謝料請求に加え、弁護士としての地位凋落。

なんとか我慢して欲しかった。

ハサミを買った段階で、気持ちが高まってしまったのでしょうか。我慢して欲しかったです。

【追記】弁護士・和田正の現在は?

男性器を切り取られた弁護士の和田正ですが、事件発生から数日後に仕事に復帰したそうです。

被害者のB氏は事件数日後には仕事に復帰。本誌が職場近くで声をかけた際も、終始落ち着いた様子で記者の質問を受け流し、去っていった。

そんなB氏の姿を伝えると、小番氏は複雑な表情を浮かべた後、こう口にした。

「タフだと思います。やはり、(弁護士は)タフじゃないとできないですよね。ただ、いま僕が言えるのは申し訳ない気持ちでいるということだけ。被害者とは示談が成立しているので、それ以上はちょっと……」

道ならぬ情事の結果、男の象徴を失ったエリート弁護士。そして、犯罪者となった弁護士の卵。二人の男の人生を狂わせた事件の引き金が、小番氏の妻・A子さんだったことは明らかだ。

週刊現代「独占告白「私が弁護士のイチモツをチョン切るに至るまで」〜浮気した妻とは仲直りできました」より引用

【追記】小番一騎、裁判の判決は?

東京地裁で開かれた裁判で、懲役4年6ヶ月の実刑が言い渡されました。

家令和典裁判官は「動機に酌むべき事情はあるが、男性に回復不能の傷害を負わせた結果は重大だ」として、懲役4年6月(求刑同6年)の実刑判決を言い渡した。

産経ニュース【弁護士局部切断事件】小番被告に懲役4年6月の実刑判決 「酌むべき事情あるが結果は重大」東京地裁  より引用

妻の不倫。暴力を使わない、解決・復讐方法を考えよう!

本サイトのメインコンテンツである、僕自身の体験談をつづった「不倫克服記」。この中から、ぜひ不倫相手との直接対決を読んで欲しいです。対決は2度。いずれも暴力はなしに、面会を行いました。

また、その他にもコラムを書いているので、もし妻の不倫に苦しんでいる方がいたら、ぜひ読んでください。不倫解決のヒントになったり、少しでも気休めになればと願います。

街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました 街角相談所 探偵 コンシェルジュ 浮気相談のプロにインタビューしました

筆者: マコト(篠原誠)

パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール
【無料診断付き】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/
【無料診断付】探偵に不倫解決のノウハウを取材!
\今すぐ読む/