Home » コラム » 【iPhoneを探す】バレずにGPS機能で相手の居場所を把握する方法。不倫撲滅!
【iPhoneを探す】バレずにGPS機能で相手の居場所を把握する方法。不倫撲滅!

【iPhoneを探す】バレずにGPS機能で相手の居場所を把握する方法。不倫撲滅!

「妻(夫)は、不倫をしているのでは?!」

そうヤキモキしながら、レストラン、バー、ホテルなど不倫デートで行きそうな場所に目星をつけて、浮気現場を押さえようと街を血眼でフラフラするのは尋常じゃない辛さです。僕は、クリスマスイブに気が狂いそうになった経験があります。

こんなとき、スマートフォンに内蔵されているGPS機能で、不倫バカの動きを把握できたら良いのに!

今回は、iPhoneの場所を遠隔操作で確認する方法と、その手順を紹介します。GPS機能とアプリを使う方法です。また記事最後には、スマートフォンを使わずに居場所、移動ルート、滞在時間を特定する方法もご案内いたします。

【手順1】探したい相手(妻・夫)が、iPhoneを持って出掛ける

とにかくこれがないと始まりません。iPhoneにはGPS機能が内蔵されています。あなたは、妻、もしくは夫が持って出かけたiPhoneから発信される位置情報を、他の端末で受け取ることができます。行動を把握することで、どこで不倫しているかどうかを突き詰めることができるのです。

まずは、相手がiPhoneを持っていることが肝心です。キャリアはdocomo、au、SoftBank、SIMフリーどこでも大丈夫です。

もし、iPhoneを持っていない、もしくは気づかれたらまずいという場合は、iPhoneにモバイルバッテリーを接続し、それを車のトランクなどに隠しておくという方法もあります。モバイルバッテリーをつけておくことで、数日間〜数週間充電せずに追跡できます。

*余談ですが、iPadやMacBookであっても追跡可能です。その場合、Wi-Fiや3Gなどインターネット通信ができる状態にあることが条件です。例えば、ホテルでMacBookを無線LANにつないだときに、その居場所を特定することができるのです。

【手順2】受信者の設定方法。あなたがお持ちの機器は?

■iPhone、iPod touch、iPadの方
アプリ「iPhoneを探す」をインストールしてください。

■Mac、Windowsの方
ブラウザ(SafariやInternetExploler)で、iCloudサイトにアクセスします。https://www.icloud.com/

【手順3】iPhoneを探す、またはiCloudにログインする

https://www.icloud.com/

準備ができたら、アプリ「iPhoneを探す」もしくは「iCloudサイト」より、探したい相手(夫・妻)のApple IDでログインします。

Apple IDは、登録時のメールアドレス。
パスワードは、その8文字以上の文字列。

・パスワードは、必ず数字、大文字、小文字を含む、8文字以上の文字列である必要があります。
・パスワードには、スペースを入れたり同一文字を 3 文字以上連続して使用したりすることはできません。
アカウントのパスワードが何度も間違って入力されると、セキュリティ上の理由でその Apple ID が自動的に無効になります。

Apple ID が無効になっている時に iCloud や iTunes Store などのオンラインサービスを使おうとすると、以下のようなメッセージが表示されることがあります。

・「この Apple ID は、セキュリティの問題により使用が停止されています」
・「サインインの試行回数が多すぎます」
・「お使いのアカウントがセキュリティ上の理由で無効になっているため、サインインできません」
・「この Apple ID はセキュリティ上の理由でロックされています」

そうです、なんとかしてApple IDとパスワートを聞き出しておく必要があるのです。何度も間違えるとロックが掛かり、相手に「誰かから不正にアクセスされている」とバレてしまいます。ご注意下さい!

*相手のApple IDとパスワードを知る方法は、記事後半で紹介します。

【手順4】iPhoneを持った妻・夫が今いる位置が地図上に表示される

iPhoneを探す

これが「iPhoneを探す」アプリの実際の画面です。このようにズバリわかります! あなたのiPhoneやパソコンの画面に、バッチリと地図と居場所が表示されるのです。しかも、リアルタイムに。地図を拡大すれば、建物の特定も可能です。

*画像はAppleのオフィシャル画像を使っているので英語ですが、実際は日本語で表示されます。

【手順5】これって相手にバレるの?

バレません。

なぜなら、この「iPhoneを探す」は、そもそも自分がiPhoneを無くした時に端末の探す機能。「今、ログインしました」「誰かがGPSで場所を見ていますよ」的なプッシュ通知が表示されたり、メッセージが届いたりしないのです。

iPhoneを探す。

むしろ、iPhoneを拾ってくれた方に、「このiPhoneは私のものです。090-xxxx-xxxxへ電話ください」など、音とともに画面にメッセージを表示する機能があります。これは紛失モード(LOST MODE)といいます。

また、iOS 6以降であれば、iPhoneが動いた軌跡(足跡)も調べる事が出来ます。

さらに「置き去りにされたiPhoneを誰かに気づいてもらいたい」「近くまで来たけどどこにあるのかわからない」といった時の為に、アラート(警告音)を鳴らす機能もあります。

極め付けとして、「もう見つからない」「盗まれた」などの時は、最終手段として不正使用されないようiPhoneの中身を全消去する機能もあります。

しかし、メッセージの表示や警告音、全消去に関しては、不倫調査の時には使わないですよね。ご参考程度に。

【こんな時は】調べたい相手のApple IDがわからない

Apple ID

iPhoneを探すやiCloudへログインするには、Apple IDが必要です。こればかりは、なんとか『聞き出す』『盗み見る』『メモ的なものを探す』しかありません。何度も間違えると、強制的にIDが無効になるので、うかつに何度も試す訳にもいきません。

目星があるなら、2、3度試してみるくらいなら大丈夫です。Appleは無効になる回数は明記していませんが、たった2〜3度でロックされること事はないでしょう。

iCloud 設定

さて、妻・夫のApple IDを知る方法ですが、もし相手のiPhoneに触れる事ができる機会があれば、iPhoneの『設定』→『iCloud』→『アカウント』を見てみてください。

Apple IDをゲットする事ができます。
パスワードの文字数をゲットする事が出来ます。

*【追記】iOSの新しいバージョンではパスワードの文字数が表示されなくなってしまいました。

Apple IDのパスワード

普段、iPhoneユーザーがApple IDのパスワードを入力する場面は、アプリをインストールする時です。

仲が良い時にでも、「ねぇねぇ、面白いアプリがあるの。入れてみて!」とアプリを紹介して、その際に入力するパスワードを盗み見るということも、夫婦や恋人同士であればチャンスがあるかも知れません。

ただし、無料アプリの場合、再起動して最初の時にしかパスワードを求められません。面白いアプリを勧める際は、有料アプリの方が良いでしょう。

アプリインストール時に、Apple IDのパスワードを入力する。それをみる。

【こんな時は】ログインしても表示されない。

iPhoneを探す。オンとオフ。

iPhoneのホーム画面から、『設定』→『iCloud』へ行き、iPhoneを探すをオンにしてください。デフォルト(初期設定)ではオンになっていると思いますが、これがオフだと探すことが出来ません。

 

iPhoneのGPS機能を使って、場所を特定する説明は以上です。

これは「絶対に不倫の証拠をつかんでやる!」と覚悟を決めた時に使いましょう。疑惑にかられて、いつも監視していると常に疑心暗鬼に襲われ、不安といストレスから精神的に病んでしまう可能性があるからです。

【追記・超重要!】

Appleのセキュリティー強化で、仕様が変更になりました。「iPhoneを探す」を利用される方は、必ず以下の記事を読んでください!



スマートフォンを使わずに居場所、移動ルート、滞在時間を特定する3つの方法

iPhone以外にもこんな方法もあります。ココセコム、GPSロガー。

2ファクタ認証、iPhone XのFace IDの導入など、iPhoneは新機種・iOSのバージョンアップでセキュリティが強化され続けています。難しいと思った場合は無理せずに、以下の方法で進める方が安心です。

【スマホ以外1】ココセコムで現在地確認

ココセコム

  • 今いる場所を、携帯やパソコンで検索できます。

また、iPhoneユーザーではなくAndroidやガラケーの方、もしくはやっぱりApple IDがわからなかった、という方のために『ココセコム』という手段もあるので紹介しておきます(月額基本料金 900円より / 初回加入料金 4,500円 / 契約期間があるのでご確認ください)。

【スマホ以外2】数千円で買える「GPSロガー」で移動ルートを記録。Amazonで高評価!


  • 移動した道筋(ログ)を記録してくれる装置です。
  • 後からパソコンで移動したルートを見る、という仕組みです。リアルタイムに今いる場所はわかりませんが、ずっと監視しつづける必要がないというメリットもあります。
  • 【目的】嫁の車の立ち寄り場所と滞在時間の把握。不倫疑惑あった為。
  • 【設置場所】嫁の車内で後部の開かない窓の近く。LEDが点滅するためテープで隠す。
  • 【結果】見事に綺麗にグーグルMAP上を走行し、怪しい場所で数時間停車。高速に乗ったり下道走ったり、見事に再現。時間までも。すばらしいってな感じで、私にとっては最高のものでした。(Amazon igotU GT-600レビューより引用)
  • 【スマホ以外3】プロの探偵・興信所に相談する

    街角相談所-探偵- をスマートフォンでアクセス

    • より確実に不倫・不貞の証拠が得られる
    • 裁判で利用できる調査報告書を作成してもらえる
    • 妻・夫に気づかれにくい
    • ただし、信頼ある探偵社に依頼するのが重要!

    不倫・不貞の証拠をつかむには、タイミングがとても重要です。不審な出張やクリスマスの予定など、妻・夫の怪しい予定がわかったときは、プロに調査を依頼するのもひとつの方法です。

    プロの探偵に任せることで、より確実な証拠を得ることができ、さらにあなたが証拠探しをしていることを悟られないようにすることができます。ただ、膨大な探偵事務所・興信所からあなたにとってベストな業者を探すのは非常に困難です。

    そんなときは、「街角相談所-探偵-」を利用するのをおすすめします。無料で、何社でも、何度でも、あなたの希望(料金、調査内容、地域)にあった信頼性の高い探偵社を選び出してくれるサービスです。

    「街角相談所-探偵-」については、以下の記事に詳しく書きましたので、どうぞご参考にしてください。

    ■関連記事
    不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから抜け出したい。あなたにベストな探偵を探してくれる街角相談所

     

     

    本サイト運営者である、私、佐伯は、実体験を振り返り「体験日記」として連載しています。不倫の証拠をつかんだ方法、相手から慰謝料をとった方法、行政書士とのやりとりなどが出てきますので、パートナーの不倫に苦しんでいる方はぜひ読んでみてください。少しは力になれるかも知れません。
    結婚3年目、妻が原因不明の体調不良。そしてセックスレス。

    筆者: 篠原 誠

    篠原 誠
    パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。 【LINK:このサイトについて / プロフィール