Check!
ホーム » 不倫撲滅!泣き寝入りしない » iPhoneアプリ「探す」 iOS13からの新機能、浮気・不倫調査に使えるか?
iPhoneアプリ「探す」で夫の居場所を確認している女性

iPhoneアプリ「探す」 iOS13からの新機能、浮気・不倫調査に使えるか?

2019年9月20日リリースのiPhone・iPad用「iOS 13」で、「iPhoneを探す」「友達を探す」アプリが統合されました。新アプリ名は「探す」(英語名:Find My)。

今回は、このアプリ「探す」の特徴と設定方法、そして浮気・不倫の調査に使えるかどうかについてお伝えします。

アプリ「探す」とは

探す (Find my) アイコン

Apple公式サイトでは、以下のように説明されています。

■二つのアプリが一つに
「iPhoneを探す」と「友達を探す」が一つの使いやすいアプリになり、あなたの大切な人とデバイスを探すお手伝いをします。
iOS 13 以降では、「探す」App を使って、友達や家族がどこにいるかを調べたり、自分の居場所を知らせたり、なくしたデバイスを探したりできます。

 

また、さらに新機能も追加されました

■オフラインのデバイスを探す
紛失したデバイスがWi-Fiまたは携帯電話ネットワークにつながっていない状態でも、クラウドソースによる位置情報を使って探すことができます。デバイスが紛失したことをあなたが知らせると、別のAppleユーザーのデバイスが近くにあれば、そのデバイスがあなたのデバイスのBluetooth信号を検知して、位置情報をあなたにお知らせします。これは完全に匿名で行われ、エンドツーエンドで暗号化されているので、全員のプライバシーが守られます。

 

こちらは、少し分かりづらいですね。

つまり、これまで以上に居場所を突き止める機能が強化され、「iPhoneやiPadがオフライン状態であっても、場所がわかるようになる」ということです。

ただし、電源とBluetoothはオンになっている必要があります。

新アプリ「探す」の設定方法

iPhone アプリ「探す」の設定画面

アプリ「探す」の設定方法は、以下のとおりです。

  1. 「設定」を開く(ギアマークのアイコン)
  2. 「プライバシー」をタップ
  3. 「位置情報サービス」をタップ
  4. 「位置情報サービス」をオンにする
  5. 「設定」の最初の画面に戻る
  6. 画面一番上の「ユーザー名」をタップ
  7. 「探す」をタップ
  8. 「位置情報を共有」をオンにする
  9. 事前に設定しておいた「ファミリー共有」のグループメンバーが画面下に表示されていれば設定完了です

 

注意点は「9」の項目です。

一方だけが「探す」を設定しても使えません。位置情報を共有し合いたい相手と「ファミリー共有」の設定を事前に行う必要があります

そりゃそうですよね。
一方だけの設定で、誰かの位置情報がリアルタイムに把握できれば恐ろしいことになります。誰か知らない人に、自分が監視されることになってしまうのですから。

夫・妻、彼氏・彼女の居場所を調べるのに使えるか?

iPhoneアプリ「探す」の使用中画面 地図表示

アプリ「探す」は、従来の「友達を探す」と同様の機能を持っています。

そのため、夫・妻、彼氏・彼女のiPhoneの居場所を調べるのに使えます

 

iPhoneアプリ「探す」を使っている妻。再構築中の信頼回復に使えるね

ただし「友達を探す」と同じく、相手に同意を求めてから利用する仕組みになっています(ファミリー共有設定)。「お互いで現在地の情報を共有しよう。だから設定し合おうね」という使用イメージです。

そのため、浮気疑惑があったり、不倫解消後の信頼関係回復のために、お互いで同意の元利用するのが良いでしょう。つまり、バレずに使うことはできない、ということです。

 

警告

自分で証拠集めは失敗しやすい上に、冷静さが保てない

注意! 自力でパートナーの浮気を調べる際、実はそこには危険が潜んでいます。「街角相談所 探偵」(https://machikado-tantei.com/) のコンシェルジュリーダーさんに取材を行った際の、一説をぜひご覧ください。

 

マコト

自分で調査をしようと思っている方に対しては、どう思いますか?

コンシェルジュ

やめといたら……と思いますね。 不倫現場を見るというのはエグいんです。 妻が他の男とラブホテルに出入りしたり、車の中で不貞行為、つまりカーセックスをしているところを、冷静に見られますか?

マコト

……。

コンシェルジュ

その場で発狂したり、殴りかかったりしてしまうと思うのです。そんな激情を抑えて、 冷静に写真・ビデオが撮るのはとても辛いことです。

マコト

私ごとですが、僕は、妻と不倫相手がやりとりした携帯電話のメッセージを見ただけで、全身が震えて、冷静ではいられませんでした。確かに無理ですね。

コンシェルジュ

探偵に調査を依頼するとお金がかかる。それはわかっているけど、それに代え難いものはあるよ……と本当に思っています。

マコト

そうですね。不倫の現場を目の当たりしたら、精神的なダメージが大きすぎて、後々立ち直るときにもその場面が頭に浮かんでフラッシュバックしてしまいそうです。

コンシェルジュ

あと現実問題として、自分で調査する場合、相手に振り返えられたら終わりです。すぐにバレますから。それに、素人なので尾行や待機が怪しいんです。例えば、カメラを持って陰に潜んでいたら、近隣住民から怪しまれて警察に通報される恐れもあります。探偵は、探偵業を営む者として公安委員会に届け出をしているので「探偵です」と言えば問題ありませんが、個人だと釈明しないといけません。

マコト

確かに個人で調査するのは、デメリットもリスクもありますね。

浮気調査 ラブホテルから出てきた男女

■記事全文はこちら
不倫の解決手順がわかる! 浮気相談の大ベテラン「街角相談所 探偵」を取材しました

*相談者さんの男女比、発覚後の離婚・再構築の割合、慰謝料を高く請求する方法などについても聞きました。きっと役に立つ情報が得られると思いますので、ぜひご一読ください。

 

 

iOS 12以前の「iPhoneを探す」「友達を探す」とは

iPhone用アプリ「iPhoneを探す」のアイコン

iPhone用アプリ「友達を探す」のアイコン

ちなみに、iOS 12以前にデフォルトでインストールされていたApple公式アプリ「iPhoneを探す」「友達を探す」は、どんなアプリなのか?

まず、「iPhoneを探す」ですが、こちらは基本的に自分の端末(iPhone、iPad、Macなど)を紛失した際、別の端末からiCloudにログインし、GSP機能で居場所を確認したり、遠隔操作でデータを消去したりするのに使います。

そして「友達を探す」は、ファミリー共有で設定した者同士がリアルタイムに居場所を共有するためのアプリです。夫婦間や親子間で使うことが想定されています。

「夫が会社を出たから、そろそろ夕食の準備をしようかしら」

「子どもがなかなか帰ってこない。今、どこにいるんだ?」

といったシチュエーションです。

以下のページに詳しく解説していますので、もっと知りたい方はこちらをご覧ください。

iPhoneのGSP 関連記事

アプリ「iPhoneを探す」を使用中の画面。地図上に位置が表示されています

iOS12以前のiPhoneをお使いの方向けの記事です。

一人で悩まないで! 浮気調査で人生変わりました!

不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ 不倫・不貞の証拠を手に入れて、苦しみから前進したいあなたへ

筆者: マコト(篠原誠)

マコト(篠原誠)
パートナーの不倫に苦しんでいる方のためサイトです。僕はかつて妻の不倫問題と戦い苦しい経験をしました。相手は職場の上司でW不倫。辛かったあの日々を振り返り、自分と同じように現在苦しんでいる方への参考になればと願い、本サイトを立ち上げました。    ▶︎ 運営者プロフィール